日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 有名歌手たちの放送禁止ソング

テレビから一斉に消えた!? 槇原敬之の“楽曲封印”で振り返る、有名アーティストたちの5大“放送禁止ソング”

文=日刊サイゾー

槇原敬之

 あの名曲の数々が「放送禁止歌」に!?

 歌手の槇原敬之容疑者が覚醒剤を所持していたなどとして警視庁に逮捕された事件で、槇原容疑者の楽曲がメディアから一斉に消滅した。

「日本テレビは槇原容疑者が『昼 昼 昼なんです』と歌う『ヒルナンデス!』テーマソング『LUNCH TIME WARS』の使用を見合わせ、名曲と評判だったテレビ朝日系『じゅん散歩』の『一歩一会』も差し替えとなりました。この状況ですと、槇原容疑者がSMAPに提供した平成の代表ソング『世界に一つだけの花』も番組での使用は難しくなるでしょうね」(テレビ関係者)

 逮捕案件に限らず、これまでもテレビ局が放送を取り止めた「いわくつきソング」は数多く存在してきた。音楽ライターが明かす。

「1994年に桑田佳祐が発表した『すべての歌に懺悔しな!!』は、「儲かる話とクスリにゃ目が無い」「ドラマの主役にゃ燃えている」のフレーズが長渕剛を揶揄したのではないかと大騒動に。長渕は『俺は桑田を絶対に許さない!』と激怒。桑田は『自分のことを歌った』と弁明しています。その長渕は02年、アメリカの対テロ・アフガン戦争をテーマに『静かなるアフガン』を発売しました。しかし、「アメリカが育てたテロリスト」などアメリカを批判するフレーズのオンパレードであったため、ほとんどの局で放送禁止となりました」

12

テレビから一斉に消えた!? 槇原敬之の“楽曲封印”で振り返る、有名アーティストたちの5大“放送禁止ソング”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

志村けん急逝――悲しみ広がる

お笑い界のレジェンドが残した偉大な功績の数々を振り返る!
写真
人気連載

たけし&志らく女性に周囲が迷惑

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、各...…
写真
インタビュー

『解放区』は何が問題だった?

 令和元年を象徴する、火傷しそうなほどに熱いインディーズ映画『解放区』が現在公開中だ...
写真