日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 有名歌手たちの放送禁止ソング

テレビから一斉に消えた!? 槇原敬之の“楽曲封印”で振り返る、有名アーティストたちの5大“放送禁止ソング”

文=日刊サイゾー

ミスチル、星野源…歌詞の一部修正を余儀なくされた名曲の数々

 歌詞の一部修正を余儀なくされた名曲もある。

「ウルフルズは大ヒット曲『ガッツだぜ!!』をひっさげ紅白出場を決めましたが、この曲はもともと『モテたい、ハメたい』の歌詞がNHKの基準にひっかかっていて、『モテたい、ホレたい』に変更されていました。ウルフルズはその紅白本番は、アドリブを被せて乗り切りました。

 Mr.Childrenの『名もなき詩』も歌詞の一部に放送問題用語があるとの指摘を受け、その部分が『言葉では足りん』と差し替えに。昨年10月にリリースされた星野源の『Same Thing』は計7回登場する『fuck』がアウト。テレビ初披露となった『おげんさんといっしょ』(NHK総合)では、当該箇所にモザイクをかけ、人気声優が扮するネズミの“チュー”という鳴き声で歌を覆い隠す処置がされました」(前出・音楽ライター)

 容疑について大筋で認めているという槇原容疑者。楽曲の封印が解かれる日は来るのだろうか。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/02/17 22:09
12

テレビから一斉に消えた!? 槇原敬之の“楽曲封印”で振り返る、有名アーティストたちの5大“放送禁止ソング”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

朝ドラ離れ加速!?『ちむどんどん』レビュー

NHKの朝ドラとしては珍しく賛否の否がうずまく『ちむどんどん』をなんとか楽しむレビュー!
写真
特集

夏枯れ? 豊作? 夏ドラマをチェック!

『石子と羽男』『競争の番人』『オールドルーキー』etc…夏ドラマをチェック
写真
人気連載

17歳の自分に観てほしい

 担当編集者のHさんが「今発売中の雑誌『PO...…
写真
インタビュー

エルフ荒川「吉本芸人はみんなギャル」

新型コロナに戦争、円安、物価高騰──暗い話題が多...…
写真