日刊サイゾー トップ > スポーツ > オリンピック  > 東京五輪、大物が軒並み不参加へ

東京五輪が大ピンチ!? 新型肺炎騒動で、各種目のビッグネームが軒並み“不参加表明”の悪夢

文=日刊サイゾー

イメージ画像/出典:applekun4649

 当初は「対岸の火事」のような扱いだった新型肺炎騒動だが、その後、国内で感染者が次々と確認され、天皇誕生日の一般参賀も中止。このままで行くと、東京五輪の開催も危ぶまれている。スポーツライターがいう。

「オリンピックは、すべてのアスリートが目指す最高のイベントと思われがちですが、競技によっては五輪の金メダルはそれほど大きな価値を持ちません。例えばサッカーは、五輪よりもW杯の方がはるかに重要なイベントですし、金メダルよりもチャンピオンズリーグ制覇の方が、より大きな勲章でしょう。野球は御存知の通り、メジャーリーガーは基本的に不参加ですし、リオ五輪で112年ぶりに復活したゴルフは、トップ選手が次々と不参加を表明して、存在意義が問われる事態になりました」

 スポーツを生業にしていながら五輪の金メダルがいらないとは、羨ましいというか、呆れるというか、いずれにせよ庶民には理解し得ぬ話だが、次の五輪は待望の自国開催だ。せめてこの目で世界的アスリートが躍動する姿を見たいものだが、ビッグネームがこぞって出場を見合わせる可能性は高いようだ。

12

東京五輪が大ピンチ!? 新型肺炎騒動で、各種目のビッグネームが軒並み“不参加表明”の悪夢のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

志村けん急逝――悲しみ広がる

お笑い界のレジェンドが残した偉大な功績の数々を振り返る!
写真
人気連載

『ポップスター』無垢な少女の変貌

 炎上タレントと呼ばれる人たちがいる。一般モ...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(3)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...
写真