日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > ケンジとケイジは露払い扱い

桐谷健太は歯ぎしり!? 『ケンジとケイジ』は田中圭&中村倫也SPドラマの露払い扱いに

文=日刊サイゾー

 テレビ朝日が用意していた“プランB”が本命に踊り出そうだ。

 3月15日に、田中圭と中村倫也によるSPドラマ『不協和音 炎の刑事 VS 氷の検事』(テレビ朝日系)が放送されることがわかった。

 原作は大門剛明の小説『不協和音 京都、刑事と検事の事件手帳』で、生き別れとなっていた兄弟が刑事と検事という立場で再会。ぶつかり合いながらもある難解な事件の真相に迫っていくというストーリーだという。

「熱血刑事の兄・川上祐介を田中、東大卒のエリート検事である弟・唐沢真佐人を中村が演じるのですが、この設定といえば、桐谷健太と東出昌大のW主演で放送中のドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』にそっくり。同ドラマはNHK大河ドラマ『龍馬伝』や、『ガリレオ』(フジテレビ系)などを手掛けた福田靖氏の脚本ということもあり、テレ朝としてもシリーズ化を期待していた。しかし、東出の不倫騒動でミソがついたためか、最近の視聴率は1桁台に低迷。そのため、ネット上では『圭くん&倫也くんのコンビのほうが魅力的』『こっちをシリーズ化してほしい』との声が続出しています」(テレビ誌ライター)

 さすがに東出の不倫騒動後に制作が決定されたわけではなさそうだが、似たような設定のドラマが控えていたのはテレ朝にとっては不幸中の幸いだろう。

「テレ朝といえば、これまでドラマ『相棒』のように中年男性向けの刑事ドラマには定評がある。その一方で、最近は『おっさんずラブ』で女性層の獲得に成功しています。その経験を踏まえて、女性視聴者の興味を引く色気のある俳優による“バディもの路線”を試みている印象です」(テレビ関係者)

『ケンジとケイジ』は、桐谷にとっては念願の初主演ドラマ。しかし、テレ朝にとってはもはや『不協和音』の露払いという扱いで、桐谷の歯ぎしりが聞こえてきそうだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/02/23 22:00

桐谷健太は歯ぎしり!? 『ケンジとケイジ』は田中圭&中村倫也SPドラマの露払い扱いにのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

和田アキ子『わだ家』閉店

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、4月1...…
写真
インタビュー

自己肯定感高い中国人マンガ、中の人

近頃Twitterでたびたびバズっている特徴的なマンガがある。白いウサギが中国や台湾の人...
写真