日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 石原さとみドラマに爆死フラグ

石原さとみの4月期ドラマに早くも爆死フラグ!? 頼みの綱は“ホリプロのお家芸”発動か

文=日刊サイゾー

ホリプロ公式サイトより

 石原さとみ主演のドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(フジテレビ系)が4月にスタートする。

 石原といえば、最近は『高嶺の花』(日本テレビ系)、『Heaven? ~ご苦楽レストラン~』(TBS系)と、主演ドラマが2作連続で爆死。3作連続となれば“主演女優”というステータスを失いかねない危機だけに、今作は『グランメゾン東京』(TBS系)の黒岩勉氏が脚本、『コンフィデンスマンJP』(フジテレビ系)の田中亮氏が演出を担当するという盤石の構えだ。

 ところが、始まる前から不安要素しか聞こえてこない。

「今回石原が演じるのは、お団子ヘアがトレードマークの薬剤師。この枠では前クールの『アライブ がん専門医のカルテ』に続き、2期連続で医療モノとなります。1月期には6本の医療ドラマが放送され、視聴者も食傷気味。定番のスーパードクターものの『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』(日本テレビ系)、ほぼ恋愛ドラマの『恋はつづくよどこまでも』(TBS系)は、視聴率2桁台と好調の一方、初めて腫瘍内科医を主人公にした『アライブ』は新味を狙うあまりエンタメ性に欠ける演出になり、視聴率は一時6%台まで下がっています。

 今年は東京五輪がある関係で、各局とも4月期にエースドラマを配置。その中で『アンサング・シンデレラ』は“初めて病院薬剤師にスポットを当てた”ことを売りにしています。しかし、この点にこだわれば地味になる可能性が高く、『アライブ』の二の舞になりそうです」(テレビ誌ライター)

12

石原さとみの4月期ドラマに早くも爆死フラグ!? 頼みの綱は“ホリプロのお家芸”発動かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

嵐・大野「口止め誓約書」で思い出される悲劇

 活動休止まで残り2カ月となった国民的アイド...…
写真
インタビュー

瓜田純士、実父への想いを歌う

「親父、調子はどうだ?」――ユーチューバーとして、そしてミュージシャンとして精力的...
写真