日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > フワちゃん目指す若手芸人たち

やっぱりYouTubeは儲かる!? フワちゃんを目指して、若手芸人が続々フリーになるお笑い界事情

文=黒崎さとし

インスタグラム:フワちゃん(@fuwa876)より

 2018年4月にYouTubeチャンネルを開設後、2年かからないうちにチャンネル登録者数56.7万人(3月12日現在)となったフワちゃん。いまや、テレビのバラエティ番組にも引っ張りだこでYouTube芸人としての地位を確立したといえるだろう。

 フワちゃんはワタナベコメディスクールに18期生として入学、卒業後は芸人としてワタナベエンターテイメントに所属していたが、事務所の”お偉いさん”に中指を立てたことをとがめられクビに。その後、フリーとなり、放送作家の長崎周成氏からの誘いを受け、YouTubeへの動画投稿を始めて人気となった。

「今年に入ってからは、芸能の窓口としてプラチナムプロダクションと提携していますが、基本的には個人での活動がベース。最近、こういったフリーの芸人が増えて、放送作家やエンタメ関係者たちも注目しています」(放送作家)

 先日、月収102万円だと告白して話題となったお笑いコンビ・さらば青春の光も以前は松竹芸能に所属していたが、2013年に女性問題をきっかけに契約解除されフリーに。個人事務所を設立後、営業を収益の中心としているが、テレビでも大活躍中だ。

 また、アマチュア漫才師として脚光を浴びているのが女性会社員(自称)と男子大学生のコンビ・ラランドだ。アマチュアとしてM-1グランプリ2019に出場し、準決勝まで進出。若手芸人の登竜門ともいえる『新春おもしろ荘』(日本テレビ系)にも出演し、単独公演も即完売と、事務所に所属している芸人にも劣らぬ活躍を続けている。

「現在はグレープカンパニーに所属していますが、独特の世界観が人気のコント師・ゾフィーやフランスピアノといったコンビも、もともとはフリー。大学のお笑いサークルや落研出身者がフリーで売れてから事務所と契約してテレビ進出するなんてケースも増えています」(同)

12

やっぱりYouTubeは儲かる!? フワちゃんを目指して、若手芸人が続々フリーになるお笑い界事情のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

志村けん急逝――悲しみ広がる

お笑い界のレジェンドが残した偉大な功績の数々を振り返る!
写真
人気連載

『ワンダーウォール』が劇場版に

 文化遺産が数多く残る京都市のなかでも、ひと...…
写真
インタビュー

毒舌婚活ブログ”中の人”に聞く

「ブログなんてもう古い、時代はnoteだ――」  そんな声がにわかに高まりだした20...
写真