日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 『ねほぱほ』震災被災者のリアル
『ねほりんぱほりん』レビュー

『ねほりんぱほりん』東日本大震災から9年……「家族が行方不明の人」のリアルな言葉

文=寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

「まだ夫を待っている」という気持ちは人に言いづらい

 2人目のゲストは、夫が行方不明になったカズコさん(40代)。その日、仕事が休みだった夫と、子どもの誕生日プレゼントの話をしてくつろいでいたとき、地震は発生した。親戚の安否を確認するため家を飛び出した夫は「子どもたちを頼む」という言葉を残し、1人で行ってしまった。それが夫との最後の会話になった。カズコさんは避難所で夫を待ち続ける。翌日、安否を知る人から「旦那さんは津波に巻き込まれたみたいだ」と知らされた。

 その後、体育館にいくつもの遺体が運ばれ、カズコさんは顔を確認するよう促された。当たり前だが、夫を探すためには遺体を次から次へ見なければならない。普通の主婦が100回以上も遺体を見続けたのだ。

「“次が夫だったらどうしよう”って、毎回その緊張がものすごくて。で、確認して“あっ、この方は違う”ってなったときにハッと力が抜けて。その繰り返しです」(カズコさん)

 遺体が夫じゃなくてホッとする半面、夫の安否がわからずガッカリする感情も同居する。語られる現実が壮絶すぎる。

 半年後に安置所は閉鎖された。身元不明の遺体が見つかったときのため夫のDNAを警察に提出し、カズコさんは連絡待ちの状態になった。「もしかしたら夫はまだ生きているのでは」と、カズコさんは信じたがっている。しかし、親戚は、夫が亡くなった前提で話をしてきた。

「親族の方から“どうせだったらお盆までに葬儀をしてあげたいね”って言われて(苦笑)。すごい悩んだんですけど、受け入れるような形になりました。やっぱり、私は嫁の立場なので……」(カズコさん)

「行方不明なだけで、まだ生きているかも」という思いを拠り所にするカズコさん。きっと親戚も悪気なく、気落ちするカズコさんを見かねて勧めたのだと思う。ただ、妻と親族では悲しみ方が違った。

 葬儀をする際は、遺影のための写真が必要になる。でも、写真の多くは流されてしまった。唯一残っていたのは、結婚式に撮った写真。葬儀では、結婚式の白い着物が黒く加工された夫の写真が遺影になった。

「自分の幸せな頃、家族がそろってる頃の写真がこういうふうな形で使われるのは、すごくショックで……」(カズコさん)

 葬儀業者もよかれと考えて行った作業のはずだ。でも、立場が違えば、その“よかれ”が一致しない。周りは善意のつもりでやっているだけに、余計つらい。

 その後も、カズコさんと周囲のズレは埋まらなかった。

1234

『ねほりんぱほりん』東日本大震災から9年……「家族が行方不明の人」のリアルな言葉のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

冬ドラマに注目!

フジ月9、2作連続で好調の日テレ水10、方向転換?のTBS火10……冬ドラマ特集
写真
人気連載

源頼朝の命を助けたかったのは後白河法皇?

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

オズワルド「M-1決勝に行けなかったら忘れられる」

 TBSラジオのネタ番組「マイナビラフターナイト」チャンピオン大会が、10月17日に...
写真