日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > ティモンディがブレイク必至

「やればできる!」が流行語に? ティモンディ”人を傷つけない笑い”でブレイクの予兆

文=日刊サイゾー

ティモンディ

 オレンジ色のスーツを着て、ゆっくりとした特徴的な口調でポジティブなことを言いまくるキャラクターで、現在バラエティー番組に出まくっているのが、お笑いコンビ「ティモンディ」だ。

 元高校球児のボケ・高岸宏行とその同級生で明治大学法科大学院出身(中退)というツッコミ・前田裕太によるティモンディ。昨年後半から番組出演が急増中で、『アメトーーク!』(テレビ朝日系)、『有吉ゼミ』『THE突破ファイル』(共に日本テレビ系)、『炎の体育会TV』(TBS系)、『おはスタ』(テレビ東京系)などに出演している。

「2人は高校野球の名門・済美高校出身で、特に高岸はプロも狙えるくらいの逸材でした。その特徴的なキャラクターも受けていますが、同時に肉体派キャラとしての需要も高い。物珍しさもありますが、いろいろな企画で使いやすいというのが出演数を増やしている要因です」(制作会社関係者)

 さらに、ここ最近の「人を傷つけない笑い」の流れにも沿ったコンビだという。

「高岸はとにかく前向きなことしか言わない。済美高校の校訓である『やればできる』というフレーズをよく使っていますが、誰も傷つけないどころか、背中を押してくれる言葉。流行語になってもおかしくない。それこそ『おはスタ』にも出て、子どもへの認知度も高く、ある意味、とても教育にいいお笑いコンビだと言えます。最近のテレビ界の流れにはバッチリ合ったコンビですね。これからも、もっと人気が高まっていくのではないでしょうか」(お笑い関係者)

12

「やればできる!」が流行語に? ティモンディ”人を傷つけない笑い”でブレイクの予兆のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

志村けん急逝――悲しみ広がる

お笑い界のレジェンドが残した偉大な功績の数々を振り返る!
写真
人気連載

松田聖子、3度目の離婚も?

 世界各地で、新型コロナウイルスの感染拡大に...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(3)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...
写真