日刊サイゾー トップ > スポーツ > オリンピック  > 五輪2年延期で選手に明暗

引退する大物も続出か!? 東京五輪の“2年延期”で笑う選手と泣く選手

文=日刊サイゾー

イメージ画像/出典:bananalemon

 自国開催の五輪出場に人生の全てを懸けてきたであろう選手たちは、「運がなかった」と割り切れるだろうか?

 開催か延期か中止か……新型コロナウイルスの感染拡大で、「東京五輪をどうするか」が国民の最大の関心事となっている。

 国際オリンピック委員会(IOC)は、「予定通り7月24日の開幕」と強調しているが、大会組織委員会の理事や米国のトランプ大統領も延期に言及。世界各国から連日のように「開催反対」の声が聞こえている。

「専門家が算出したところによれば、1年延期なら数千億円、中止なら数兆円規模の損失になる見通しだといいます。中止となれば、大手を含めて倒産する企業が続出し、日本は失業者であふれ返ることになる。大げさではなく国家存亡の危機となるだけに、最悪でも延期で決着するのでは。五輪の開催についてはIOCの収入の大半を担っているアメリカの発言権が大きい。来年は8月に『世界陸上』がアメリカ・オレゴン州で開催されますから、延期となれば2年後の可能性が高い」(スポーツライター)

 もし延期となれば、当然、選手のピークは変わってくる。選考もやり直しとなるのは確実。しかし、そこには「東京を花道に引退」を宣言していた選手の姿はなさそう。

12

引退する大物も続出か!? 東京五輪の“2年延期”で笑う選手と泣く選手のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

ビル・バーが訴える “ウォークカルチャー”の危うさ

 今回も10月10日放送された人気番組『サタ...…
写真
インタビュー

東海テレビが記録映画を作るワケ

 東海テレビが制作し、東海テレビの放送エリアだけで流れたドキュメンタリー番組『さよなら...
写真