日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 『ダンジョン』呂布カルマ無双
『フリースタイルダンジョン』レビュー

『フリースタイルダンジョン』呂布カルマ無双! “無冠のラップゴッド”もタジタジ……

文=寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

ヒップホップの番組がレゲエ一色に

 2人目のチャレンジャーは、ラッパーでありレゲエDeejayのMAKA(まか)。彼が戦いたいモンスターに挙げたのは、もちろんJUMBO MAATCH(じゃんぼ・まーち)だ。モンスタールームにいるJUMBOは名前を出され、笑顔でうなずいている。すでに彼も臨戦態勢に入っているようだ。

 というわけで、JUMBOが召喚された。今日はJUMBOの本気が見られるはず! MAKAも「ついに来たか」と、覚悟の表情になっている。

 この2人のバトルがメチャメチャ良かったのだ。「呂布とISH-ONEのバトルが終わってしまった……」と気が抜けていたところにぶっ込まれた、最高のレゲエ対決。見ていて思わず体が揺れる楽しい一戦だった。呂布 VS.ISH-ONEのような殺伐さはないけれど、でもお互いちゃんと刺しにいく。DJ CELORYもレゲエのRiddimを選択し、周囲のお膳立てもナイスだった。また、レゲエだとJUMBOのすごさがより伝わってくるのだ。特に抑揚のつけ方と、言葉を小節にはめ込む技はすごい。

 よく考えると、対・世間という意味で、ヒップホップ界で最も有名な舞台である『フリースタイルダンジョン』で、レゲエを代表するJUMBOとMAKAの2人がバトルしているのだ。この状況は奇跡的であり、痛快だ。

 さらに、バトルの内容が最高だったから言うことなし。レゲエの王様として威厳を見せ、しっかり殺しにいったJUMBO。今までの彼のベストバウトだと思う。対するMAKAはJUMBOへのリスペクトが強すぎて、終始優位に立たれていた印象があった。

 結果はJUMBOのクリティカル勝ち! 今回はMAKAの性格の良さが裏目に出てしまった印象。一方、こういう相手にちゃんとクリティカルを決めるJUMBOはさすがである。これでJUMBOは3連勝だ。

 でも、正直もったいなかった。2人のバトルは聴き心地のよさが半端ではなく、ほかのビートでも堪能したかったというのが正直なところ。できれば3本フルで見たかった。なんなら、ここで“せいこうストップ”を発動してくれればよかったのに……。

 とにかく、いいバトルというか楽しいバトルだった。ジャパレゲをドンドン聴きたくなってくる。レゲエ対決、最高かよ! レゲエもヒップホップも、いいものはいい。「レゲエ、くそカッコいいじゃん!」と思わせてくれた2人の功績は大きい。今後、ほかのレゲエの人にも出てほしいと思わせるバトルだった。

 レゲエ、ニューヨークスタイル、日本語ラップと盛りだくさんだった今回。当たり回だったと思う。

寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

1978年生まれ。得意分野は、芸能、音楽、格闘技、(昔の)プロレス系。『証言UWF』(宝島社)に執筆。

記事一覧

サイト:Facebook

最終更新:2020/03/24 14:00
12

『フリースタイルダンジョン』呂布カルマ無双! “無冠のラップゴッド”もタジタジ……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

黒木瞳、大物実業家のバックアップも実らず

 2016年公開の映画『嫌な女』以来、女優・...…
写真
インタビュー

中島岳志が分析する都知事選・前

366万票を獲得し、得票率では6割近くの支持を集めた現職・小池百合子氏。下馬評通り、今回...
写真