日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > R-指定、あのグループを倒す

『フリースタイルダンジョン』のR-指定、バトルせずとも“あのグループ”を倒しちゃった!?

文=日刊サイゾー

イメージ画像

 衝撃的な一報にネット上では音楽ファンが一瞬ざわめきたったが、すぐに鎮火したようだ。12月23日、一部サイトがこんな見出しを配信した。

「R指定、凍結(活動休止)」

「R指定(アールしてい)は、5人組のヴィジュアル系バンド。2008年に活動をスタートさせると、13年にリリースした15thシングル『セカイノオワリ』が『ランク王国』(TBS系)のエンディングテーマに起用され、オリコン週間シングルチャート12位を記録するなど、一部のバンドファンには知られた存在でした。しかし、16年あたりからCDセールスは伸び悩み、オリコン20位以内に入ることもなくなっていた。12月29日に東京・両国国技館で行うワンマンライブツアー最終公演で活動停止となるとのことです」(音楽ライター)

 このニュースにネット上では、「え、ラッパーの?」「じゃないほうのR指定がいたのか」「名前被るのに嫌気が差したんだろな」との声が続出することに。

「今や音楽業界で “アールしてい”と言えば、Rのあとにハイフンが入る方、ラッパーのR-指定が有名でしょう。12年から有名MCバトルで3連覇を果たし、15年からは『フリースタイルダンジョン』(テレビ朝日系)に初代モンスターとして出演するなど、ラップブームの立役者となっている。今年6月からは2代目ラスボスとして出演しているほか、ヒップホップユニットのCreepy Nutsとしても注目されています」(音楽ライター)

 芸能界では「ウィッシュ!」でお馴染みのタレント・DAIGOとメンタリストのDaiGoなどややこしい同名タレントも少なくないが、同じ音楽業界で個人のアーティスト名とバンド名がかぶるのは珍しいケースだった。

「とはいえ、バンドの失速とラッパーのブレイク時期が重なっていることを見ると、因果関係はありそう。バンドの方が『じゃないほう』に追いやられたことで、凍結せざるを得なくなったのかもしれませんね」(前出のライター )

『フリースタイルダンジョン』では、挑戦者たちを倒しまくっているR-指定。勢い余って、他ジャンルのグループまで排除してしまったか。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2019/12/24 21:00

『フリースタイルダンジョン』のR-指定、バトルせずとも“あのグループ”を倒しちゃった!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

新しい地図、地上波復帰ラッシュなるか!?

年末年始特番で話題をかっさらった3人、地上波復帰ラッシュは近い?
写真
人気連載

東京MX、違反にギャラ未払い

 昨年放送されたバラエティ番組『欲望の魂』の...…
写真
インタビュー

自己肯定感高い中国人マンガ、中の人

近頃Twitterでたびたびバズっている特徴的なマンガがある。白いウサギが中国や台湾の人...
写真