日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > R-指定、あのグループを倒す

『フリースタイルダンジョン』のR-指定、バトルせずとも“あのグループ”を倒しちゃった!?

文=日刊サイゾー

イメージ画像

 衝撃的な一報にネット上では音楽ファンが一瞬ざわめきたったが、すぐに鎮火したようだ。12月23日、一部サイトがこんな見出しを配信した。

「R指定、凍結(活動休止)」

「R指定(アールしてい)は、5人組のヴィジュアル系バンド。2008年に活動をスタートさせると、13年にリリースした15thシングル『セカイノオワリ』が『ランク王国』(TBS系)のエンディングテーマに起用され、オリコン週間シングルチャート12位を記録するなど、一部のバンドファンには知られた存在でした。しかし、16年あたりからCDセールスは伸び悩み、オリコン20位以内に入ることもなくなっていた。12月29日に東京・両国国技館で行うワンマンライブツアー最終公演で活動停止となるとのことです」(音楽ライター)

 このニュースにネット上では、「え、ラッパーの?」「じゃないほうのR指定がいたのか」「名前被るのに嫌気が差したんだろな」との声が続出することに。

「今や音楽業界で “アールしてい”と言えば、Rのあとにハイフンが入る方、ラッパーのR-指定が有名でしょう。12年から有名MCバトルで3連覇を果たし、15年からは『フリースタイルダンジョン』(テレビ朝日系)に初代モンスターとして出演するなど、ラップブームの立役者となっている。今年6月からは2代目ラスボスとして出演しているほか、ヒップホップユニットのCreepy Nutsとしても注目されています」(音楽ライター)

 芸能界では「ウィッシュ!」でお馴染みのタレント・DAIGOとメンタリストのDaiGoなどややこしい同名タレントも少なくないが、同じ音楽業界で個人のアーティスト名とバンド名がかぶるのは珍しいケースだった。

「とはいえ、バンドの失速とラッパーのブレイク時期が重なっていることを見ると、因果関係はありそう。バンドの方が『じゃないほう』に追いやられたことで、凍結せざるを得なくなったのかもしれませんね」(前出のライター )

『フリースタイルダンジョン』では、挑戦者たちを倒しまくっているR-指定。勢い余って、他ジャンルのグループまで排除してしまったか。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/01/28 10:35

『フリースタイルダンジョン』のR-指定、バトルせずとも“あのグループ”を倒しちゃった!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

【ネットフリックス】アメリカの人種差別

「時代を代弁する”俺たちの”コメディアンの登...…
写真
インタビュー

瓜田純士『ジョーカー』に返歌

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が、瓜田夫婦名義の4thシングル「WHO I...
写真