日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 広瀬すずの新作映画、惨敗発進

なぜこの作品に!? 広瀬すず『一度死んでみた』豪華すぎる出演キャストの損得勘定

文=日刊サイゾー

広瀬すず

 キャスト側にとっては、内容や興行的ヒットは二の次。出演することに意義があるのだろう。

  3月21日~22日の国内映画ランキングが発表され、20日に公開された広瀬すず主演の『一度死んでみた』は、『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』に続く2位発進となった。

「デスメタルパンクのボーカル役の広瀬が振り切った演技を見せていることで注目を浴び、全国331スクリーンで公開されました。しかし、土日2日間で動員6万7,000人、興収8,600万円は、正直、微妙な数字です。2018年に公開され、最終興収17.3億円を記録した広瀬主演の『ちはやふる 結び』の公開後2日間と比べると、興収は33.5%止まり。新型コロナの影響があるとはいえ、好天に恵まれていましたから、関係者はもっとイケると皮算用していたはず。このままいけば、興収10億円にも届かないかもしれません」(映画ライター)

 同作は吉沢亮や堤真一が脇を固めているほか、ほんの数十秒しか映らないようなチョイ役までスター級がぞろぞろ。リリー・フランキー、小澤征悦、木村多江、松田翔太、西野七瀬、城田優、佐藤健、池田エライザ、志尊淳、古田新太、大友康平、竹中直人、妻夫木聡などキャストの豪華さが際立っている。

12

なぜこの作品に!? 広瀬すず『一度死んでみた』豪華すぎる出演キャストの損得勘定のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

『あさイチ』華丸・大吉の降板説浮上も

 お笑いコンビ、博多華丸・大吉とNHKの...…
写真
インタビュー

百田尚樹の“変節”読み解く

 『永遠の0』(講談社文庫/単行本は太田出版、2006年)などで知られる小説家であり...
写真