日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 韓国珍スポ探訪記  > ユネスコ世界遺産に珍スポ発見
訪問ライター・清水2000の「韓国珍スポ探訪記」VOL.38

ユネスコ世界遺産の奥底に潜む、謎のベールに包まれた珍スポ遺産「塔公園」

文=清水2000(しみず・にせん)

ラスボス的に登場するセクシー女性の正体は?(雪かぶっててすみません)

 ソウル郊外の南漢山にあるユネスコ世界文化遺産「南漢山城」。その城壁に囲まれた山奥に、個人経営の珍なるスポットがあるとのことで足を運んでみた。

 南漢山城へは地下鉄とバスを乗り継ぎ約1時間。新型コロナウイルスの影響で外出が自制されるご時世だが(取材は2月末)、アウトドアなら安全という考えからかバス内は多くのお年寄りでにぎわっており、濃厚接触に緊張しながら終点の南漢山城を目指す。

 降りたバス停から目的地の「塔公園」まで、歩いて30分ほど。観光案内所の人に道を聞くと、「塔公園?」と怪訝そうな顔をした。かつては恋人たちに人気の散策路だったが、今はだいぶ寂れ訪れる人も少ないと話す。

 木々に囲まれた車道をしばらく歩くと、森の中へと誘導する細い道が現れた。ここが塔公園の入り口だ。チャンスン(男女が対になった魔よけの像)が並ぶのはよくある風景だが、その横には場違いなサッカーボール像がうっかり飾られており期待は高まる。

世の中にサッカーボールの石像ほど無駄なものはない

 観光客もおらず、静まりかえった渓谷の坂道を登っていく。奥に進むにつれ、石を高く積んだ石塔、十二支や地蔵など民俗的な石像を筆頭に、ブタさんやカエルさんなどキュートな石像や、時空がゆがんだようなアートな石像まで、フリーダムな展示物が続々と現れてきた。

僧侶と象とお魚に、何を思えばいいのか
誰もが本気である

 事前に調べたところ、塔公園を取り上げる2本の記事を発見した。2008年8月5日の「スポーツ朝鮮」は、「性をテーマに奇妙な彫刻品が並ぶ、石の彫刻公園が話題」として、「性的な内容とは無関係な作品も多い。しかし(中略)50以上の性関連作品がやはり目を引く」「あまりに露骨的で未成年者観覧不可レベル」「誰がどう作ったのかはベールに包まれている」と紹介。これは気になる話だ。

 一方、15年11月4日の「京義日報」には、もう少し詳しい事情が書かれていた。イ・キゴンさん(当時76歳)という男性が「私有地を利用し、20年以上かけ1万2000点以上の骨董品(=石像)と400以上の石塔を設置」したのがこの公園なのだそう。オーナー自ら石を収集し積み上げたとは気合の入った話だが、しかしこちらには性的な作品に関する記述はまったくない。

 果たしてエッチな石像はあるの、ないの? 進むにつれ密度の濃くなる作品たちを、ひとつずつじっくり眺めながら先へと急ぐ。

123

ユネスコ世界遺産の奥底に潜む、謎のベールに包まれた珍スポ遺産「塔公園」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』レビュー

「この映画は大音量で上映すべし」  ...…
写真
インタビュー

日本人の歪んだ愛国心に未来は?

 昨年刊行された『日本国民のための愛国の教科書』(百万年書房)という本がある。タイト...
写真