日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 唐沢24 、期待度は放送前が頂点

唐沢寿明 『24 JAPAN』、現場の捜査官にしては高齢すぎ? 期待度は「放送前がピーク」

文=日刊サイゾー

テレビ朝日公式サイトより

 海外ドラマ『24 -TWENTY FOUR-』の日本版リメイクとなるテレビ朝日系『24 JAPAN』が今年10月にスタートし、その主演を唐沢寿明が務めることが発表された。

 本家のシーズン1をベースに、日本初の女性総理大臣が誕生するまでの1日の中で起きる様々な事件をリアルタイムで描く同作品。唐沢はCTU(テロ対策ユニット)第1支部A班の班長・獅堂現馬を演じる。

「この企画が発表された際、主演の候補として唐沢のほかにも、堺雅人や真田広之、鈴木亮平らの名前があがっていましたが、当初から唐沢が第一候補。つまり、既定路線そのままの決定という感じです。知名度や研音という所属事務所の影響力なども含めて、当然の結果ですが、正直のところ不安要素だらけです」(テレビ局関係者)

 もっともネックとなると言われるのが年齢だ。現在唐沢は56歳。テロ対策の特別捜査官にしては、歳を取りすぎているのだ。

「現場の捜査官であれば、30代くらいがベスト。56歳ともなれば、管理職になっていなければならない。いくら唐沢寿明がスーツアクターの経験があって、アクションができるとはいえ、若い俳優に比べれば、やはり動きも鈍くなってしまう。迫力に欠けるものとなるのでは」(同)

 また、本家のような派手なアクションシーンを実現できるかどうかという不安材料もある。

「単純に日本のドラマは予算が少ない。本家に比べるとスケールダウンは否めないでしょう」(制作会社スタッフ)

12

唐沢寿明 『24 JAPAN』、現場の捜査官にしては高齢すぎ? 期待度は「放送前がピーク」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

エガちゃんねるスタッフ離脱のワケ

敏腕YouTubeライターと日刊サイゾー新米編集...…
写真
インタビュー

『M-1』予選を騒がせた野良芸人

『M-1』グランプリの決勝が近づいている。今年は過去最多となる5,040組がエントリ...
写真