日刊サイゾー トップ > カルチャー > 映画  >  動画配信で人気上昇の3作品

これもコロナ騒ぎの影響か!? 動画配信サービスで人気上昇の意外な3作品とは?

文=長野辰次(ながの・たつじ)

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、3月25日、東京都の小池百合子都知事が不要不急の外出の自粛を呼びかけました。大手シネコンの「TOHOシネマズ」では、都内11の劇場の3月28日、29日の営業を休止することを発表しています。慌ただしく揺れ動くエンタメ業界にあって、ニーズがぐんと高まっているのが自宅で楽しむことができる「動画配信サービス」です。

 Amazon Prime Videoなどに映像コンテンツを提供している株式会社BBBの藤本剛史さんによると、「2020年2月以降、平日・休日ともに配信作品の視聴時間が伸びている」とのこと。どんな作品が人気なのか尋ねたところ、意外なタイトルが出てきました。動画配信ならではの話題作3本を、藤本さんに挙げてもらいました。

1)『容疑者、ホアキン・フェニックス』2010年

 まず最初の1本は、『ジョーカー 』(19年)が大ヒットしたホアキン・フェニックスが34歳のころに実名で出演したドキュメンタリー仕立てのユニークな作品。デビュー時は夭折した兄リバー・フェニックスの七光り的イメージもあったホアキンですが、この頃にはすでにハリウッドの若手演技派男優として評価されるようになっていました。

 ところがホアキンはいきなり俳優を引退し、ラッパーになると宣言。髭モジャ姿でお腹のでっぷりしたメタボ体型となった上に、まるでリズム感のないラップをステージで披露し、マジで非難されまくります。一連のお騒がせは、義兄である人気俳優ケイシー・アフレックが監督するフェイクドキュメンタリーの仕込みだったことが本作の公開によって明かされたわけですが、当時の周囲の困惑ぶりがリアルに撮られています。おそらく、テレビ東京系の深夜にオンエアされたドキュメンタリードラマ『山田孝之の東京都北区赤羽』も、この映画を参考にしたのではないでしょうか。

「日本でも『ジョーカー』が話題になったことで、再配信したところ、かなりの反響がありました。2月に発表された米国のアカデミー賞でホアキンが主演男優賞を受賞したことで、ますます注目度がアップしています。ホアキンのお騒がせ俳優ぶりが見どころですが、芸能界でサバイバルするホアキンの内面の葛藤も描かれています。友達も自信も失ったホアキンが、最後にお父さんを訪ねていくシーンが個人的にはすごく印象に残っています。『ジョーカー』を観て、ホアキンってどんな俳優なんだろうと興味を持った方におススメの作品ですね。ホアキンの素顔が感じられます。素顔のホアキンも、ジョーカーと同じくらいの狂気性を秘めているところも凄いなと思います」

12

これもコロナ騒ぎの影響か!? 動画配信サービスで人気上昇の意外な3作品とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

『悪霊狩猟団: カウンターズ』は韓国版『呪術廻戦』!?

 サブカル好き産業医の大室正志とB級映画プロ...…
写真
インタビュー

Young Cocoが歌う黒い仕事とポジティブな愛

 2010年代からトレンドとなっているアトランタ発のラップ・ミュージックのスタイル...
写真