日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > ジェジュン嘘発信に批判止まず

ジェジュン、新型コロナ感染で嘘発信を謝罪するも日韓両国で批判の声が止まず

文=日刊サイゾー

ジェジュン公式サイトより

 韓国出身の歌手・ジェジュンへの批判が過熱している。

 事の発端となったのは、ジェジュンが4月1日のエイプリルフールに、インスタグラムに投稿したポスト。その中で、新型コロナウイルスに感染したことを韓国語で報告したものの、直後に文章を書き換え、嘘であったと謝罪。注意喚起のつもりだったとしたが、日本や韓国で猛批判を浴びていた。

 そんな中、ジェジュンは1日夜にツイッターを更新し騒動に触れ、「誤った行動であったと、私自身も認識しております。本当に申し訳ありませんでした」と謝罪。「どうしても現時点での危険性を伝えたかった」と改めて明かし、「今日は度が過ぎてしまいましたが、それ以上に関心を持ってくださったら…と思い、とってしまったこの行動は多くの方々を傷つけました」とつづりつつ、改めて謝罪していた。

 しかし、この一連の投稿をめぐりジェジュンのもとには、「言っていいことと悪いことの区別が付かなかったのが残念」「たくさんの人が感染してたくさんの人が亡くなってるのにこの嘘は本当にありえない」「言い訳なんて聞いても到底許せる気分にはならないわ」といった声が集まってしまった。

 ジェジュンの投稿は注意喚起以上の広まり方をしてしまったようだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/04/04 10:30

ジェジュン、新型コロナ感染で嘘発信を謝罪するも日韓両国で批判の声が止まずのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『半沢歌舞伎』これにて終幕!

第2シーズンも大ヒットとなったドラマ『半沢直樹』。最終回から“ロス”が止まらない!?
写真
人気連載

和田アキ子『わだ家』閉店

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、4月1...…
写真
インタビュー

鉄道で迫ったシベリア抑留の真実

 『桶川ストーカー殺人事件』『殺人犯はそこにいる』(新潮文庫)、『「南京事件」を調査...
写真