日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > テレビで次なるCM急増ジャンル

新型コロナ禍で苦境のテレビ業界にあって、次なるCM「急増」ジャンルとは?

文=日刊サイゾー

イメージ画像

 東京五輪延期が決まり、社会情勢の厳しさから苦境に立たされている民放テレビ局。取引先大手の広告代理店は軒並みテレワークに入っており「直接の営業、交渉ができない」などと、CMを扱う営業担当者からは泣きが入っている。

 そして3月以降、一気に増え始めたのが公共CM「ACジャパン」だ。先の営業担当者は次のように語る。

「当初はテーマパーク系CMの変更に手が回らず、そのまま通常営業時のモノが流れてしまい、慌ててテロップで『臨時休園しています』と入れるなど対処に追われたが、徐々に“差し替え”の対応が増えた。特に減ったのはレジャー、飲食系、パチンコ関係の企業CM。それでも3月は余った予算を使ってもらえたりもするのであまり減少は目立っていませんでしたが、新生活キャンペーン、新商品発表などが目立つ4月からは、先の3ジャンルの出稿を控えた企業も多い。在宅率が上がったこともあり、それに比例して視聴率も上昇しているのはありがたいのですが、その恩恵にあまり預かれていないのは切ないですね」

 だが、このピンチを救ってくれそうな企業があるという。

「いわゆるアプリゲームなどを開発、配信している会社ですね。テレワークが増えたため、飲みに行く機会も激減した分、家で時間を持て余しているのです。そこでついつい、課金ゲームをダウンロード……なんてことが増えており、会社としては好調になりつつある。しばらく自粛モードも続くでしょうから、この流れは今後も続く。営業をかけるならまさに狙い目です」(同)

 新型コロナウイルスで苦境に陥るテレビ業界の「救世主」となり得るのか。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/04/05 12:05

新型コロナ禍で苦境のテレビ業界にあって、次なるCM「急増」ジャンルとは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

ランボーシリーズ最終作日本公開

 シルベスター・スタローンの出世作『ロッ...…
写真
インタビュー

本性としての暴力と協力(後編)

――人間はどこから来たのか 人間は何者か 人間はどこに行くのか――。最先端の知見を有...
写真