日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > おぎやはぎ「楽屋を別々に」コロナ対策

おぎやはぎ「初めて楽屋が別々に…」コロナウイルス対策に奔走するテレビ局の苦悩

文=日刊サイゾー

おぎやはぎ公式プロフィールより

 4月8日放送の『バイキング』(フジテレビ)で、新型コロナウイルス対策として謳われている「ソーシャル・ディスタンス」について話題が及んだ。ウイルス感染拡大を予防するため「ソーシャル・ディスタンス=人と人との接触を避け物理的距離をとる」活動が推奨されていることについて議論が及ぶと、出演者のおぎやはぎが「初めて楽屋が別々になった」と明かした。

 それまでコンビで一緒の楽屋が普通だったそうだが、ここにきて一人一人に楽屋が用意されたそうで、日頃からコンビ仲が良いことで知られている2人は「淋しかった」とこぼして笑いを誘った。これについてテレビ局スタッフはこう語る。

「多くのテレビ局でドラマの現場はようやく撮影中止になりましたが、昼の帯番組はいまだに放送を続けています。ですが万が一出演者にコロナウイルス感染者が出れば、もちろん即刻放送は中止になるでしょう。そうなれば、もしかしたら自分たちの局だけでなく、民放各局の帯番組にも迷惑がかかる可能性もありますから、かかわっているスタッフは常に緊張状態でしょうね。芸人などの出演者に関しても、もちろん楽屋はメンバーそれぞれ別々にして、なるべくスタッフなどの出入りも少なくするよう努めていると聞きました」

 昼の帯番組だけではなく、報道局なども休むことができず、推奨されているテレワークにも限界がある。一部の視聴者からは「無理して放送することない」「再放送を流せばいい」という意見も出ているが、そうもいかない事情がある。

「スポンサーの問題はもちろんあります。ですが何より、ここ数週間は政府や東京都の会見が多く、これを伝えないわけにはいかない。『危機感を煽りすぎなのではないか』というマスコミへの批判もありますが、今回の新型コロナウイルスに関してはやりすぎるくらい報じていかないと、多くの人に伝わりきらないんじゃないかと感じています」(前出・テレビ局スタッフ)

 緊急事態宣言が出され、いよいよ危機感を感じ始めた人も多いと思うが、それでもまだ不急不要の外出に対する意識が低い人もいる。そうした人々に、何を伝えていけるのか。苦悩しながらも放送を続けるテレビ局スタッフたちの努力が報われることを祈りたい。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/04/08 14:53

おぎやはぎ「初めて楽屋が別々に…」コロナウイルス対策に奔走するテレビ局の苦悩のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

トウガラシ名産地の珍なる町おこし

 韓国の町おこしが熱い。以前この連載でも、特...…
写真
インタビュー

下ネタ大好きでも不潔なネタは嫌い…キングオブコント最下位でもオファー殺到の『空気階段』による“コントの作り方”

 今年、多くのテレビ番組に出演し、『キングオブコント』でも決勝へと駒を進めた空気階段...
写真