日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > AKB48グループ  > 今泉佑唯に欅坂ファンイチャモン

「おやすみ」と投稿しただけで…今泉佑唯が欅坂46ファンの“イチャモン”にブンむくれ

文=日刊サイゾー

今泉佑唯オフィシャルサイトより

 これはさすがにイチャモンがすぎるだろう。

 4月12日、元欅坂46の今泉佑唯が、自身のツイッターを更新。バスルームショットを投稿、ファンの目をクギ付けにしている。

「今泉はこの日、凍えるような表情の絵文字と共に、バスルームでシャワーを浴びている写真をアップしました。その際、シャツは着ているものの、水で濡れて透けた状態だったため、『透け感がめっちゃキレイ』『大人っぽい魅力にあふれてる』と好評の声が飛び交い、1万7,000以上の“いいね”数を獲得しました」(芸能記者)

 そんな今泉は今年、レディースインナーブランド『ピーチ・ジョン』のイメージモデルを担当。ツイッターでは、同ブランドの肌着を着用したショットもアップするなどして、日々話題を集めている。

 しかし一方で、ある何気ないツイートが炎上する事態も起きたという。

「今泉は12日夜、『おやすみ』とだけつぶやいたところ、欅坂ファンと思われるユーザーから批判が殺到したのです。彼女が投稿したのは深夜12時30分前だったのですが、その時間は彼女が所属していた欅坂46の冠バラエティー番組『欅って、書けない?』(テレビ東京系)の放送直前だったのです。そのため、一部の欅ファンの間で『わざと当てつけでツイートしたのでは?』という臆測が浮上し、批判につながることに。これに対し、今泉は『おやすみって呟いただけで、いろいろ言われたらSNSできなくない?』とツイッターで反論し、のちに削除する事態となりました」(前出・芸能記者)

 この状況に、今泉ファンからは「寝たい時に寝させてあげて」「元グループのすべてのメディアをチェックするなんて無理でしょ」と擁護する声も上がっている。

「2018年に卒業した今泉ですが、その後『週刊文春』(文藝春秋)誌上で、『グループ内の陰湿なイジメによって脱退した』と実兄が暴露したことから、欅坂のイメージが損なわれることとなりました。欅坂ファンの中にはそのことを恨みに思う者も多い。とはいえ、今泉は以前にもセクシーなキャミソール姿で『おやすみす。』とSNSでファンにおやすみの挨拶をしていますから、今回も他意はなかったはず。ここまでこじつけで叩かれるのはさすがにかわいそうですね」(アイドル誌編集者)

 最近の欅坂は平手友梨奈、鈴本美愉、織田奈那、長沢菜々香が立て続けにグループを離れ、長い間新曲もリリースされていない。欅坂ファンの持って行き場のないイラ立ちが、今泉に向かってしまったのだろうか。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/04/15 21:45

「おやすみ」と投稿しただけで…今泉佑唯が欅坂46ファンの“イチャモン”にブンむくれのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

【ネットフリックス】アメリカの人種差別

「時代を代弁する”俺たちの”コメディアンの登...…
写真
インタビュー

山田邦子がYouTuberに!?

――歯に衣着せぬ発言で芸能界の裏事情を語り倒す動画。配信者は、山田邦子。えっ、あの邦ちゃ...
写真