日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 近藤春菜戦慄!軽度のコロナ症状

近藤春菜も戦慄! 感染者が伝えた“軽度のコロナ症状”に「思ってたのと全然違う」

文=日刊サイゾー

ハリセンボン・近藤春菜

 新型コロナウイルスに抱いていた「イメージ」の違いに動揺する人が続出している。

 4月15日の情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)で、ハリセンボン・近藤春菜が元プロ野球選手の片岡篤史氏が新型コロナウイルスに感染して入院したことについて言及した。

「片岡氏はYouTube『片岡篤史チャンネル』内で、4月8日から入院していることを自らの言葉で報告。ベッドの上で酸素吸入のためとみられるチューブを鼻につけた入院着姿に、春菜も『“あっ思ってた軽症と違う”って感覚を持つだけでも大事で、それだけでも家から出ないようにしてくれると思うのですごくいい発信をしていただいたなって思います』とコメント。“軽症”と聞いて想像するものと現実の大きな隔たりに、ショックを受けた視聴者も多かったようです」(テレビ誌ライター)

 また、グラビアアイドルでタレントのソラ豆琴美も14日に、自身のツイッターで新型コロナウイルスへの感染を公表。自身は「軽度の感染者」であると明記しつつ、その症状は【トイレにも行けない】【ご飯を食べれない】【水も飲めない】【お風呂に入れない】【寝返りもうてない】【喋れない】【着替えもできない】【歯も磨けない】ような苦しいものであることを伝えている。

 これにはネット上でも「やっぱりコロナでの“軽症”は一般的な“軽症”と全然違うんだね」などの声があふれ、改めてコロナの怖さを実感した人が大勢いたことがよくわかる。

「翻って、人気漫画家の小林よしのり氏は11日に『自粛を止めて経済を回すべし』というタイトルで公式ブログを更新。『自粛なんかやめろ、これは巨大な悪である! どうせ感染者は増え続ける。自宅療養しておけばいい。緊急事態宣言やっても、自粛を要請しても無駄!ならば経済を回した方がいい!』と持論を展開しています。これには賛否の声が飛び交いましたが、小林氏はその後も、『コロナちゃんは気まぐれだ。どうにもならんよ。無駄な抵抗は止めて、みんな外出すればいいんだ』と、ブログで主張し続けています。現在、医療崩壊と経済の綱引きがされているさなかとはいえ、片岡氏やソラ豆の様子を見たら、少々、軽々しい考えに聞こえてしまいます」(週刊誌編集者)

 新型コロナの怖さが徐々に明らかになってきたようだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/04/17 06:30

近藤春菜も戦慄! 感染者が伝えた“軽度のコロナ症状”に「思ってたのと全然違う」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

エガちゃんねるスタッフ離脱のワケ

敏腕YouTubeライターと日刊サイゾー新米編集...…
写真
インタビュー

『つけびの村』著者インタビュー

 2013年7月21日、山口県周南市の限界集落で起きた連続殺人放火事件。集落の住人だ...
写真