日刊サイゾー トップ > 社会 > 政治・経済  > 高井議員に文春&新潮報道のワケ

立憲・高井たかし議員のセクキャバ通いで“文春&新潮砲”が同時炸裂した裏事情

文=日刊サイゾー

高井たかし公式サイトより

 国会議員秘書からコロナ感染者が発覚し陰鬱なムードの漂う永田町だが、4月14日夕、気分転換には持ってこいのスキャンダルが炸裂した。

 立憲民主党・高井崇志衆院議員が緊急事態宣言下の折も折、新宿・歌舞伎町の風俗店に行き、文字通り”濃厚接触”していたというニュースだ。

 先んじたのは『デイリー新潮』(新潮社)で「コロナ緊急事態下で立憲・高井議員が『風俗店』通い 本人認める」。それからほどなくして『文春オンライン』(文藝春秋)が「LINE入手 緊急事態宣言の最中、立憲・高井崇志議員が歌舞伎町“風俗店”で受けた“サービス”の中身」と報じた。16日に発売された「週刊新潮」「週刊文春」で、さらに詳報している。

 記事によると、宣言2日後の4月9日夜、高井議員はディープキスなどのサービスがあるセクキャバに入店。当サイトでも紹介しかねるような、独特の”プレイ”を120分間も楽しんだ。店は東京都の要請を受けて11日から休業に入る予定で、高井氏はそれにつけ込むように、担当の女性とLINE交換し、食事に誘っていたというもの。

「高井氏は2月の国会で、安倍首相が与党議員らと会食を続けていたことについて『首相の危機感のなさが国民を不安にしている』と舌鋒鋭く迫っており、鮮やかすぎるブーメランです。高井氏の家族には迷惑がかかるにせよ、誰も傷つかないとあって、久々に胸のすく政治スキャンダルでした」(国会議員秘書)

 それにしてもなぜ両誌が、言っては悪いがさして大物でない野党議員の風俗通いを詳細にキャッチできたのか。

 永田町界隈ではコロナ対応で防戦一方の安倍政権が、内閣情報調査室などを使ってスキャンダルを仕掛けたのでは、とも囁かれた。だがコトはそれほど複雑でないようだ。フリージャーナリストが解説する。

「担当した女性からのタレコミだったようですね。高井氏は店では素性を言いませんでしたが、LINE交換した時に名前と顔写真が出てきたので、検索すると国会議員とわかった。休業によって女性は収入が途絶えるため、情報提供でカネを得ようと、さまざまな雑誌に連絡をとったということでしょう」

 両誌の記事を読み比べると、文春の直撃には「1時間弱の逡巡の末」語り始めたとある一方、新潮には「はい。軽率だったと思ってます」とすんなり回答している。つまり文春の方が先にアプローチしていたことがわかる。

「同着であることを知った新潮がすぐにネットで報じ、泡を食った文春が続いたようですね。ただ文春サイドは、13日に「『文春』直撃記者が明かす 高井崇志議員が『歌舞伎町セクキャバ通い』を認めるまでの50分」のネット記事を公開して、我こそが先だったとアピールしています」(同前)

 激怒した立憲幹部は、高井氏を違法行為でもないのに、最も厳しい除籍処分とした。家族を持つ高井氏は、「ステイホーム」で針の筵の日々を送るしかなさそうだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/04/19 10:30

立憲・高井たかし議員のセクキャバ通いで“文春&新潮砲”が同時炸裂した裏事情のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

ナイツが語るYMOと“テクノ漫才”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

『死霊の盆踊り』ほか珍作映画

 日本におけるサイテー映画の歴史の発火点となったのが、米国映画『死霊の盆踊り』(原題...
写真