日刊サイゾー トップ > 芸能  > 浜崎あゆみ役”新人歌手”の正体

浜崎あゆみの再来!? エイベックスの起爆剤「安斉かれん」不発の予感?

文=代間 尽

安斉かれん OFFICIAL SITEより

 2018年稼ぎ頭であった安室奈美恵が引退し、19年4月にはAAAのリーダー、浦田直也が暴行事件を起こすなど、暗いニュースが続いているエイベックスだが、そんな現状を打破すべく、“浜崎あゆみの再来”という売り文句で華々しくデビューしたのが、19歳(当時)の女性シンガーの安斉かれんだ。エイベックス期待の大型新人として、令和初日となる5月1日にファースト・シングル「世界の全て敵に感じて孤独さえ愛していた」をリリースし、6月30日にはセカンド・シングル「誰かの来世の夢でもいい」を発表。

 しかし、両曲とも世の反応はイマイチで、さらにエイベックス社内での盛り上がりも芳しくないという。エイベックスの事情に詳しい広告代理店関係者A氏がこう明かす。

「安斉のデビューに関して、社内で事前に知っていたスタッフはほとんどいなかったようです。しかし、ネットニュースなどで知った瞬間、そのルックスからか、『あ、松浦(勝人)さん案件か』と、みんな静かにうなずいたと聞いています。同社内では『売り方が古すぎる』『浜崎あゆみの二番煎じを狙ったところで、時代が違いすぎる』など評価も散々。デビュー直後も社内であまり話題にならず、気に止めるスタッフもいなかったようですね」

 芸能事務所幹部B氏も、A氏の証言を裏付ける。

「エイベックスに限らず、社運をかけて売り出すアーティストがデビューを控える場合、社内では全社メールが送信されます。しかし、安斉かれんのデビューに関するメールは、全社員に送られていなかったようなんです。ミステリアスな印象、謎めいた感を演出したデビューにさせたかったようですが、エイベックス社内はおろか、一般的にも、ただただ謎な印象の存在でしかないお披露目となってしまった形ですね」

 ミステリアスすぎて、結果、社内外にもまったく伝わらなかったというのは、実に皮肉な話であるが、実際、公式プロフィールでも経歴は〈1999年生まれ。神奈川県藤沢市出身の19歳〉と紹介されていた程度で、デビューに至る経緯も明らかにされていない。メジャーレコード会社スタッフC氏は、「おそらく、安斉の制作チーム担当部門長・X氏のスカウトだと思います」と推測するが、真相は不明。

 同じくプロフィールには〈渋谷の人気ショップ「RELECT by RUNWAY CHANNEL Lab.」で店員として働きながら、デビュー前から多くのファッション・メディアに登場し、コスメティックブランドM・A・Cの店頭コレクションビジュアルにも採用される〉とも書かれているが、この「渋谷の人気ショップ」はエイベックス関連のショップであり、M・A・Cに関しても、当然デビュー前の話題作りであるのは言うまでもない。前出のA氏がエイベックスの戦略をこう分析する。

「M・A・Cは若い女子から大人の女性まで幅広く使用されているので、“憧れ”的な演出を打ち出す戦略でしょうね。際立った歌唱力ではないものの、鼻につく歌い方でもありません。ただし、聞いてすぐに彼女とわかるようなインパクトには欠けます。曲によってはボーカルが生きる可能性もありますが、セカンド・シングルもJ-POP的な作りで保守に走りすぎていますね。今のところ求心力はルックスからスタートしているマーケティングでしょう」

 2曲のシングルのミュージックビデオを見れば、彼女をルックスやイメージで売りたいという、エイベックス側の思惑は伝わってくる。それは、彼女のキャッチフレーズでもある“ポスギャル(ポストミレニアルギャル)”という、いかにもそれっぽいワードからも明らかだ。しかし、B氏はそのルックス面に関しても厳しく評価する。

「そもそも誰もが太鼓判を押す可愛さを持っているわけでもなければ、親近感のある顔立ちでもない。見た目で売りたいのか、実力で売りたいのかの境界線が曖昧なんですよね」

 カリスマ性やビジュアル面で飛び抜けていた安室奈美恵や浜崎あゆみといった女性アーティストを輩出してきたエイベックスであるが、そのどちらも際立っているとは言い難い彼女が、同社の次世代を担う存在になり得るのか。とはいえ、エイベックスもこのまま手をこまねいているわけではない。B氏が続ける。

「安斉の制作チームは、エイベックスの社員からも『迷走している』と囁かれているようですが、ひとつ光があるとすれば、エイベックス・ピクチャーズ(API)とのタッグかもしれません。APIは、今夏からスタートするアニメ作品を複数抱えており、社内で今もっとも勢いに乗る部署。そのAPIと安斉の制作チームが社内で同フロアということもあり、衣装や戦略など、いろいろ相談を持ちかけているようです」

12

浜崎あゆみの再来!? エイベックスの起爆剤「安斉かれん」不発の予感?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

齋藤飛鳥、伊藤沙莉に完敗!

 女優・伊藤沙莉が、放送批評懇談会が選定する...…
写真
インタビュー

東海テレビが記録映画を作るワケ

 東海テレビが制作し、東海テレビの放送エリアだけで流れたドキュメンタリー番組『さよなら...
写真