日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 三浦翔平で美化、松浦会長に非難

エイベックスの松浦会長を美化しすぎ? 三浦翔平の“王子風”役柄に一斉ブーイング

文=日刊サイゾー

テレビ朝日公式サイトより

 各局のドラマの初回放送が延期になる中、昨年発売された歌手・浜崎あゆみの自伝的小説『M 愛すべき人がいて』(幻冬舎刊)を元にした同名のドラマ化作品(テレビ朝日系)が18日から放送される。

 浜崎が、育ての親で音楽プロデューサーのエイベックス・松浦勝人会長と交際していた過去を告白して話題となった同小説。ドラマでは、浜崎がモデルとなっているアユ役を歌手・安斉かれんが、松浦会長がモデルのマサ役を俳優・三浦翔平が務め、2人はW主演となる。

「予告編を見ると、その売り出し方法から“バーチャル説”も流れた安斉だが、映像を見ると実在していたようですね。大方の予想通り主役に抜てきされたが、歌唱シーンなどは若い時の浜崎そっくりでハマリ役です」(音楽業界関係者)

 一方、マサ役を演じる三浦だが、どう見てもそのビジュアルはまったくスキのない“イケメン王子”風。当時、出会った頃の浜崎からすればそう見えたのかもしれないが……。

「当初、三浦の名前が発表された際、『あまりにもビジュアルを美化しすぎているのでは』との大ブーイングが業界内外から上がっていた。そういった批判的な声にもかかわらず、松浦会長はご満悦なのでしょうが……」(同)

 三浦がどう演じるかが気になるところだが、実は松浦会長を演じる役者は2人目だという。

「1999年に松浦氏の立身出世の道のりを描いた映画『ドリームメーカー』が公開されたが、主人公・杉浦マサト役を演じたのがDA PUMPのISSA。ISSAは、身長は松浦氏とそこまで変わらないが、ビジュアルはかなり盛りまくっていた。ちなみに、同作のヒロインは、不倫騒動で現在は開店休業中の上原多香子でした」(芸能記者)

 三浦とISSA、どちらがリアルな松浦氏により寄せているのか気になるところだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/04/18 22:00

エイベックスの松浦会長を美化しすぎ? 三浦翔平の“王子風”役柄に一斉ブーイングのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

齋藤飛鳥、伊藤沙莉に完敗!

 女優・伊藤沙莉が、放送批評懇談会が選定する...…
写真
インタビュー

炎上弁護士が教える「危機管理」とは

 数年間に及ぶ殺害予告を始めとした“ネット炎上”に巻き込まれるも、自ら公に立って情報...
写真