日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 三浦翔平で美化、松浦会長に非難

エイベックスの松浦会長を美化しすぎ? 三浦翔平の“王子風”役柄に一斉ブーイング

文=日刊サイゾー

テレビ朝日公式サイトより

 各局のドラマの初回放送が延期になる中、昨年発売された歌手・浜崎あゆみの自伝的小説『M 愛すべき人がいて』(幻冬舎刊)を元にした同名のドラマ化作品(テレビ朝日系)が18日から放送される。

 浜崎が、育ての親で音楽プロデューサーのエイベックス・松浦勝人会長と交際していた過去を告白して話題となった同小説。ドラマでは、浜崎がモデルとなっているアユ役を歌手・安斉かれんが、松浦会長がモデルのマサ役を俳優・三浦翔平が務め、2人はW主演となる。

「予告編を見ると、その売り出し方法から“バーチャル説”も流れた安斉だが、映像を見ると実在していたようですね。大方の予想通り主役に抜てきされたが、歌唱シーンなどは若い時の浜崎そっくりでハマリ役です」(音楽業界関係者)

 一方、マサ役を演じる三浦だが、どう見てもそのビジュアルはまったくスキのない“イケメン王子”風。当時、出会った頃の浜崎からすればそう見えたのかもしれないが……。

「当初、三浦の名前が発表された際、『あまりにもビジュアルを美化しすぎているのでは』との大ブーイングが業界内外から上がっていた。そういった批判的な声にもかかわらず、松浦会長はご満悦なのでしょうが……」(同)

 三浦がどう演じるかが気になるところだが、実は松浦会長を演じる役者は2人目だという。

「1999年に松浦氏の立身出世の道のりを描いた映画『ドリームメーカー』が公開されたが、主人公・杉浦マサト役を演じたのがDA PUMPのISSA。ISSAは、身長は松浦氏とそこまで変わらないが、ビジュアルはかなり盛りまくっていた。ちなみに、同作のヒロインは、不倫騒動で現在は開店休業中の上原多香子でした」(芸能記者)

 三浦とISSA、どちらがリアルな松浦氏により寄せているのか気になるところだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/04/18 22:00

エイベックスの松浦会長を美化しすぎ? 三浦翔平の“王子風”役柄に一斉ブーイングのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る
トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

セブンにファミマ、ローソン…コンビニ飯オススメは?

セブンにファミマ、ローソン、各社が外食チェーン顔負けの新商品を続々投入中。気になる消費を紹介
写真
特集

『旅サラダ』KAT-TUN・中丸を見守りたい

『朝だ!生です旅サラダ』の「発掘!ニッポン なかまる印」リポーター・中丸雄一の奮闘記
写真
人気連載

泉ピン子、どこまでがホントの話?

 昨年4月4日に95歳で亡くなった人気脚本家...…
写真
インタビュー

コロナ禍をサバイブするミニシアターの現状

 いま、ミニシアターが揺れている。ミニシ...…
写真