日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 浜崎あゆみの自伝ドラマに熱視線

浜崎あゆみ自伝ドラマ、エイベックスの“お家騒動”をどこまで描くのか業界内が熱視線

文=日刊サイゾー

浜崎あゆみ

 歌手の浜崎あゆみの自伝的小説をドラマ化した、テレビ朝日系のドラマ『M 愛すべき人がいて』が4月18日から放送される。

 同ドラマと同名の自伝的小説は、浜崎が育ての親で音楽プロデューサーのエイベックス・松浦勝人会長と交際していた過去を告白しベストセラーとなっていた。

 ドラマでは、浜崎がモデルとなっている歌姫・アユ役を歌手・安斉かれんが、松浦会長がモデルのプロデューサー・マサ役を俳優・三浦翔平がW主演で務める。

「安斉といえば、いまだに公の場でその姿を見せたことはなく“バーチャル歌手説”も浮上していたが、ようやく、ドラマの制作発表でその姿を見せる可能性も。一方、松浦会長役の三浦は、松浦会長のビジュアルからするとあまりにも美化し過ぎという声も少なくない」(音楽業界関係者)

 先ごろ、追加キャストが発表され、マサが設立したレコード会社の社員で、原作にはないマサの秘書役をフリーの田中みな実アナ、同社の社員でマサの右腕となる直属の部下役をGENERATIONSの白濱亜嵐、同社社長役を高嶋政伸、アユが最初に所属する芸能事務所の社長を高橋克典が演じるという。

 そして、一体、どこまで描かれるかが注目されるのが、あの“お家騒動”だという。

12

浜崎あゆみ自伝ドラマ、エイベックスの“お家騒動”をどこまで描くのか業界内が熱視線のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』レビュー

「この映画は大音量で上映すべし」  ...…
写真
インタビュー

DJ HASEBE語る志村けん

 志村けんが逝去してから1カ月以上が経っても、テレビ業界をはじめ、一般層にも広がる志...
写真