日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 浜崎あゆみの自伝ドラマに熱視線

浜崎あゆみ自伝ドラマ、エイベックスの“お家騒動”をどこまで描くのか業界内が熱視線

文=日刊サイゾー

浜崎あゆみ

 歌手の浜崎あゆみの自伝的小説をドラマ化した、テレビ朝日系のドラマ『M 愛すべき人がいて』が4月18日から放送される。

 同ドラマと同名の自伝的小説は、浜崎が育ての親で音楽プロデューサーのエイベックス・松浦勝人会長と交際していた過去を告白しベストセラーとなっていた。

 ドラマでは、浜崎がモデルとなっている歌姫・アユ役を歌手・安斉かれんが、松浦会長がモデルのプロデューサー・マサ役を俳優・三浦翔平がW主演で務める。

「安斉といえば、いまだに公の場でその姿を見せたことはなく“バーチャル歌手説”も浮上していたが、ようやく、ドラマの制作発表でその姿を見せる可能性も。一方、松浦会長役の三浦は、松浦会長のビジュアルからするとあまりにも美化し過ぎという声も少なくない」(音楽業界関係者)

 先ごろ、追加キャストが発表され、マサが設立したレコード会社の社員で、原作にはないマサの秘書役をフリーの田中みな実アナ、同社の社員でマサの右腕となる直属の部下役をGENERATIONSの白濱亜嵐、同社社長役を高嶋政伸、アユが最初に所属する芸能事務所の社長を高橋克典が演じるという。

 そして、一体、どこまで描かれるかが注目されるのが、あの“お家騒動”だという。

12

浜崎あゆみ自伝ドラマ、エイベックスの“お家騒動”をどこまで描くのか業界内が熱視線のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る
トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

セブンにファミマ、ローソン…コンビニ飯オススメは?

セブンにファミマ、ローソン、各社が外食チェーン顔負けの新商品を続々投入中。気になる消費を紹介
写真
特集

『旅サラダ』KAT-TUN・中丸を見守りたい

『朝だ!生です旅サラダ』の「発掘!ニッポン なかまる印」リポーター・中丸雄一の奮闘記
写真
人気連載

泉ピン子、どこまでがホントの話?

 昨年4月4日に95歳で亡くなった人気脚本家...…
写真
インタビュー

コロナ禍をサバイブするミニシアターの現状

 いま、ミニシアターが揺れている。ミニシ...…
写真