日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > 社会(トンデモ)  > 中国マックが「黒人入店お断り」

「パンデミック克服」うたう中国で高まる外国人差別……広州市のマクドナルドが“黒人入店お断り”

文=佐久間賢三(さくま・けんぞう)

マクドナルドで店員が示した告知

 新型コロナウイルスの感染拡大が収束に向かっているといわれている中国で、外国人に対する新たな差別問題が起こり、外交問題にまで発展しつつある。それが、広東省広州市に住むアフリカ系外国人に対する差別である。

 広州市で10年以上にわたり貿易業を営む日本人は、広州のアフリカ系外国人についてこう説明する。

「広州は古くから国際貿易が発展してきた都市で、年に2回開催される国際交易会には世界中から数多くの外国人バイヤーたちが訪れ、そこで仕入れたり製造を依頼したりした製品を本国に送っていました。その中でも中国政府が伝統的に深い外交関係を持ってきたアフリカ諸国から多くの人たちが広州に移り住んで貿易業を営むようになり、そんなアフリカ系の人たちが多く住む小北(シャオベイ)という地域を、地元住民の一部は“チョコレートタウン”などと揶揄していました」

 4月に入り、小北に住むアフリカ系住民の間で新型コロナウイルスが感染拡大していることがマスコミで報じられると、彼らに対する差別が始まり、それまで住んでいたアパートやホテルを追い出されたりして、路上で生活せざるを得ない人も出てきているという。

 そんな中、広州市内のマクドナルドのある店舗が「黒人入店お断り」の告知を出し、大騒動となった。

 4月11日にTwitterに投稿された画像では、マクドナルドの店内で店員が持っていた告知の紙が映し出され、そこには「みなさまの健康を守るため、今後、黒人の方の入店を禁止するよう、警察より指導されました。ご不便を、なにとぞご了承ください」と書かれている。

 これに対して、アフリカの各国政府や大使館が大反発。マクドナルド中国本社は、すぐさま謝罪することとなった。

 本はといえば自国で発生し、世界中にバラまいたウイルスであるにもかかわらず、自国での感染拡大が収まり始めたら、今度はそれに感染した外国人を差別するとは、理不尽と言うほかない。

 世界的にはまだ収まる様子を見せない新型コロナウイルス禍は、たとえ収束に向かったとしても、外交関係においては、また新たな火種となりそうである。

佐久間賢三(さくま・けんぞう)

佐久間賢三(さくま・けんぞう)

前職の関係で10年近く中国で生活し、その後フリーライターに。得意分野は中国のおバカネタ、エロネタ。

最終更新:2020/04/23 20:00

「パンデミック克服」うたう中国で高まる外国人差別……広州市のマクドナルドが“黒人入店お断り”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

リアル記憶喪失体験マンガ

 マンガではよく「記憶喪失」、つまり主人公や...…
写真
インタビュー

ポピュリズムを誘うグロテスク戦略

 史上2番目の低投票率となる48.8%を記録した参院選を振り返る本企画。前編では、中島...
写真