日刊サイゾー トップ > カルチャー  > 『あつ森』中国で発禁になった裏事情
あつまれ検閲の森

中国で『あつまれ どうぶつの森』が発禁に! “島”で起こる香港デモと『闇あつ森』の密売

中国で『あつまれ どうぶつの森』が発禁に! 島で起こる香港デモと『闇あつ森』の密売の画像1
『あつ森』を利用して啓蒙活動を行う上海公安局(公式Weiboより)

 3月に任天堂からリリースされたNintendo Switchソフト『あつまれ どうぶつの森』(以下『あつ森』)。無人島を舞台にユーザーが「自分だけの島」を作って楽しむことができる本作は、日本はもとより世界中で反響を呼んでいるが、このゲームをめぐり中国でちょっとした騒動が巻き起こっている。

 新型コロナウイルスの影響で外出もままならなくなった中国では、自宅で楽しめる『あつ森』が爆発的な人気を誇っており、中国版ツイッター・Weiboでもゲーム画面のスクリーンショットを投稿するユーザーが多数いるが、ここにきて発売禁止になったというのだ。中国の国内事情に詳しい記者はこう話す。

「現在中国で発売されている『あつ森』は“グローバル版”といって、実は当局の審査を正式に受けたものではないんです。初期設定の言語選択で中国語簡体字も選べますが、中国のためにあつらえたものではない。いわゆる『グレーゾーン』なゲームという扱いでした。ですが、4月10日の午前3時に突然発売禁止の号令が出たとかで、販売を行っていた店舗主たちがWeiboで『あと2時間であつ森は発売禁止になる。理由は知らされていないが、急に通達がきた』と投稿し、ユーザーたちを唖然とさせたのです」

 なぜ『あつ森』に発売禁止号令が出されたのか。中国人ユーザーたちは、一部の反体制ユーザーがゲーム内の「マイデザイン」という機能を使って政治家を揶揄したり、政治批判を展開したことが原因ではないかと推測している。この「マイデザイン」とは、ゲーム内で家具や衣服などを自由にデザインできる機能で、これらは「マイデザイン投稿掲示板」を使って他のユーザーと共有することもできるのだ。前述の記者はこう続ける。

「中国最高指導者の習近平らをバカにするようなマイデザインを作って流布する者が現れたり、新型コロナウイルスの影響でデモができなくなった香港人ユーザーがゲーム内の島でデモをする遊びをしたり……Weiboでやったら即アカウント削除になる政治批判的な表現が、『あつ森』では自由にできてしまった。これを中国政府が見逃すわけがない。こうした動きを当局は本気で問題視し、発売禁止号令に踏み切ったのではないでしょうか」

 今回の『あつ森』発売禁止を受け、中国人ユーザーからは「これを機にオンラインプレイのできる『あつ森』のような自由度が高いゲームの全てが禁止になるのではないか」と危惧する声も上がっている。さらに前出の記者は、この発禁号令に対し矛盾を指摘する。なぜなら、中国の公的機関が『あつ森』を組織のプロモーションに利用してきた事実があるからだ。

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【4月開始の春ドラマ】放送日、視聴率・裏事情・忖度なしレビュー!

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

小池百合子都知事周辺で風雲急!

今週の注目記事・第1位「小池百合子元側近小島敏...…
写真
イチオシ記事

バナナマン・設楽が語った「売れ方」の話

 ウエストランド・井口浩之ととろサーモン・久保田かずのぶというお笑い界きっての毒舌芸人2人によるトーク番組『耳の穴かっぽじって聞け!』(テレビ朝日...…
写真