日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > テレビ局vs.広告主の激しいバトル

コロナ禍でテレビ局vs.広告代理店&CMスポンサーの激しいバトルが…勝つのはどっち!?

文=日刊サイゾー

イメージ画像/出典:acworks

 4月より収録がストップしているテレビ局のバラエティー、ドラマ番組。現在は、いずれも「傑作集」「総集編」などの名目で放送されているが、裏では代理店との激しい“バトル”が繰り広げられているようだ。

 広告代理店関係者は「テレワーク中でも、我々は意外に忙しいですよ。テレビCM出稿が減っているので、何とか復活できるように企画書を出したり、テレビ局の営業マンと打ち合わせをしたり。1件当たりの金額は大きいだけに、減ってしまうと尋常ではないくらいの減収減益になってしまいますから」と話す。

 そのなかで今、もっともテレビ局や代理店関係者の悩みの種なのは、「CMスポンサーが何かにつけて出稿を止めること」(同)だという。

「一番大きいのはモノが売れない。そもそも販売できる場所が緊急事態宣言の影響で閉鎖されている。また、今の社会情勢からテレビ媒体そのものの価値が問われる事態にもなっている。そうしたときに、本当にテレビCMに出稿していいのかどうか、真剣に悩んでいるようです」(同)

 もっとも、前出の「傑作~」などは一見、テレビ局側の都合にも見えるのだが「要はスポンサー対策。何らかの番組の再放送を丸々流したら『同じ番組だと約束が違う』『金額に見合った内容ではない』と間違いなくクレームを入れてきますから。となれば、テレビ局側も最低限の“再編集”はやらないといけないわけです。一方で、そうした傑作選モノばかりになると『うちはCMを止める』という口実を与えてしまうということにもなりかねません」(同)という。

 目下、テレビ局営業マンたちが最も危惧しているのは「右肩上がりのインターネットにCM出稿を切り替えられること。そうなれば、二度とテレビCMに出稿してもらえない」というだけに、激しい火花を散らしての攻防は今後も続きそうだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/05/03 21:30

コロナ禍でテレビ局vs.広告代理店&CMスポンサーの激しいバトルが…勝つのはどっち!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

サイゾーのハイロー特集2022!

大ヒット中の映画『HiGH&LOW THE WORST X』公開に合わせて、その舞台裏に迫るインタビュー公開!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

猪木さん「迷わず行けよ、行けばわかるさ」

 今週のホットなニュース・トピックをピックア...…
写真
インタビュー

地方政治のおかしさあぶりだす『裸のムラ』

 2016年、富山市議たちの不正受給を地元・...…
写真