日刊サイゾー トップ > 芸能  > ヒカルがカジサックにチクり

ダウンタウンが太っ腹! ヒカルがカジサックにチクり……週末芸能ニュース雑話

文=日刊サイゾー

コロナ禍と重なる!? 『JIN-仁-』“コロリ回再放送”が大反響

TBS『JIN-仁-レジェンド』

記者 今クールのドラマは軒並み放送延期が続いていますね。唯一の希望だった『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日系)も休止しちゃいましたし……(泣)。

デスク 田中みな実が専務室で無駄にウエディングドレス着てる予告まで出しといて! 気になっちゃうよね!

記者 空き枠を埋めるため、過去の名作ドラマが再放送されている中、特に再評価を受けているのが、大沢たかお主演の『JIN-仁-レジェンド』(TBS系)です。

デスク 3週にわたって放送され、全6回とも視聴率は2ケタ超え。新作ドラマに劣らない数字で、もう名作ドラマ流してたほうがいいんじゃないかっていう……。

記者 今は在宅率が高いですからね。大学病院の脳外科医だった南方仁(大沢)が、江戸時代にタイムスリップして当時の人々を助けるという話ですが、特に、坂本龍馬を演じた内野聖陽の名演にあらためて賛辞が寄せられています(参照記事)。

デスク さらに、当時未成年だった女性との飲酒・淫行で書類送検された(後に不起訴)小出恵介の出演シーンがカットされなかったことにも、注目が集まった(参照記事)。

記者 そしてなにより、コロリ(コレラ)や梅毒など当時流行した感染症との闘いを描いたストーリーが、新型コロナウイルスの感染拡大が広がる現代とリンクして、異様な臨場感がありました。

デスク ドラマが訴える「病原体を広げない、触れた可能性があれば消毒、誤った情報を信じない」なんて、ニュース報道より身に染みたよ。

記者 未知のウイルスに体を張っている医療従事者の方々の苦労もしのばれました。彼らのためにも、一日も早くこの状況が収束してほしいです。

デスク そして『M』の再開を!

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/05/09 14:00
123

ダウンタウンが太っ腹! ヒカルがカジサックにチクり……週末芸能ニュース雑話のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

小池百合子「勝因はコロナ」

今週の注目記事・第1位「熱愛スクープ― 綾瀬...…
写真
インタビュー

“町おこし”で地方がダメになる?

 いま日本の各地で「地方創生」が注目を浴びている。だが、まだ大きな成功例はあまり耳に...
写真