日刊サイゾー トップ > スポーツ > 大相撲  > 大相撲夏場所中止、放映権もパー

大相撲の夏場所中止で協会内に大ダメージ…億単位の放映権もパーに

文=日刊サイゾー

イメージ画像

 今月24日から始まる予定だった大相撲夏場所の中止を受け、協会内は大きな痛手をこうむっている。

「元々は3月にあった春場所もかなりあやふやな状況でやったが、何とか無事に終えられた。感染拡大の影響を受けて夏場所開催もかなり微妙な状況だったが先日、親方衆を含め角界から罹患者を出してしまったのがダメを押してしまった」(角界関係者)

 7月開催の名古屋場所はすでに東京・両国国技館での代替開催も検討されているが「そもそも“3密”のスポーツのため、再開させるには他のスポーツ以上にハードルは高い」(同)という。

 それ以上に痛すぎるのは巨額の放映権料だろう。

「一説によると、毎場所ごとに中継するNHKは相撲協会に対し4億円とも5億円ともいわれる放映権料を支払っている。春場所を半ば強行開催したのは、無観客でも収入を得られる算段があったから。だが、今回は中止となったので完全に収入はゼロ。プールしているお金もあるので直ちに運営に影響が出ることはないが、目の前で億単位のお金を水泡とさせてしまったことに、頭を抱える関係者は予想以上に多い」(スポーツ新聞担当記者)

 立て直しを図るにはしばらく時間がかかりそうだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/05/07 12:00
関連キーワード

大相撲の夏場所中止で協会内に大ダメージ…億単位の放映権もパーにのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『半沢歌舞伎』これにて終幕!

第2シーズンも大ヒットとなったドラマ『半沢直樹』。最終回から“ロス”が止まらない!?
写真
人気連載

「セカンドの7番」論と“ダウンタウン病”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

クールジャパンを暴いた衝撃の書

 日本のクールジャパン政策、中でも映画やアニメなど映像産業の振興政策がうまくいってい...
写真