日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『麒麟がくる』越年NGのリスク

働き方改革で年内フィニッシュ!? NHK大河『麒麟がくる』越年NGのリスクとは?

文=日刊サイゾー

NHK公式サイトより

 昨今の社会情勢の影響をモロに受けているのがテレビ局のドラマ制作スタッフだが、その中心にいるのがNHK大河ドラマ『麒麟がくる』だろう。8日には、収録がストップしている影響から放送回数を減らして「年内フィニッシュ」させる方向で調整していると報じられている。

 1年間の放送を基本的とする大河ドラマだが、6月7日放送分(第21話)までしか撮影を終えておらず、以降は総集編などで対応する可能性が高い。

「そもそも、NHKは働き方改革を断行しており、深夜の収録などもNGになっている。以前のように詰め込んで一気に撮影をするということが事実上、できないのです」(ドラマ制作スタッフ)

 となれば、対応策は1つ。ドラマの放送回数を減らすことだ。

「今、政府が出している緊急事態宣言が本当に5月末で終わればいいのですが、仮に解除されてもしばらくは3密に十分気を付けながら仕事をやらないといけない。かといって、来年は延期されている東京五輪が開催される予定で、すでに段取りなども組まれている。あらゆる面で不確定要素が多い『麒麟がくる』を押すよりも、来年に向けての準備に入らないと、来年放送予定の次回作にも影響が出てしまう。その回避をNHK側は最も考えているのでは」(同)

 前に進むにも、後ろに戻るにもこれまでにないリスクとの戦いに見舞われている。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/05/09 10:30

働き方改革で年内フィニッシュ!? NHK大河『麒麟がくる』越年NGのリスクとは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

Netflix『アイ・アム・ア・キラー』

 Netflixはまるで人生のようだ。『テラ...…
写真
インタビュー

岡野陽一『R-1』で刻んだ爪跡

 3月に行われた『R-1グランプリ』(関西テレビ系)決勝で、観覧客からひときわ大きな...
写真