日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > カンテレ枠のドラマ再放送事情

草なぎ剛は地上波で流せない!? フジテレビの中でも特にカンテレ枠のドラマ再放送が難しい事情

文=日刊サイゾー

草なぎ剛

 テレビ各局の4月期のドラマが続々と初回や次回放送の延期となっている。

 テレビ朝日系の『特捜9』や『家政婦のミタゾノ』のような人気作は過去の作品を放送しているが、各局ともに放送するドラマの選択に頭を悩ませているようだ。

「単発ではなく、同じドラマを続けて再放送すれば、そこそこ数字が伸びるはず。フジテレビの月9枠は劇場版の新作が公開を控える『コンフィデンスマンJP』を放送しているかと思いきや、嵐の大野智主演の『鍵のかかった部屋』を放送。それに比べ、木曜午後10時の枠は山崎賢人主演の『グッド・ドクター』でなかなかの選択です」(テレビ局関係者)

 そんな中、クビをかしげたくなるのが、関西テレビが制作するドラマ枠の火曜午後9時に放送されている竹野内豊主演の『素敵な選TAXI』だという。

「乗客自らが望む過去まで連れていくことができる竹野内演じる『選TAXI(せんタクシー)』の運転手と、さまざまな人生の選択の失敗に苦しむ乗客(毎回のゲスト)がやり直したい過去にさかのぼるストーリー。放送中、ほとんど話題にならず全10話の平均は10.3%。再放送したところで数字は取れていません」(フジテレビ関係者)

 本来、カンテレ側が放送したいドラマが再放送できないのが現状だというのだ。

「カンテレのヒット作といえば2003年から06年まで放送された『僕の生きる道』シリーズだが、主演はジャニーズを退所した元SMAPの草なぎ剛。草なぎがSMAP解散後初主演ドラマとなった17年の『嘘の戦争』もなかなか評価が高かったが、現状ではジャニーズへの忖度で放送できていません」(同)

 元SMAP勢の地上波ドラマへの“ハードル”は高いようで、カンテレがその割りを食っている格好だ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/05/12 17:30

草なぎ剛は地上波で流せない!? フジテレビの中でも特にカンテレ枠のドラマ再放送が難しい事情のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

庄村聡泰(ex-[Alexandros])が乃木坂46から迷作映画まで斬る!

庄村聡泰(ex-[Alexandros])が、乃木坂46から迷作映画までさまざまなカルチャーを語る不定期連載
写真
特集

『旅サラダ』KAT-TUN・中丸を見守りたい

『朝だ!生です旅サラダ』の「発掘!ニッポン なかまる印」リポーター・中丸雄一の奮闘記
写真
人気連載

大混乱のアメリカが「進むべきとき」

 アメリカの連邦最高裁判所が24日、女性の人...…
写真
インタビュー

コロナ禍をサバイブするミニシアターの現状

 いま、ミニシアターが揺れている。ミニシ...…
写真