日刊サイゾー トップ > エンタメ > アイドル > STARTO(旧ジャニーズ)  > タッキーと“90年代”の呪い

タッキーが抱える“90年代コンプレックス”──ジャニーズ一大プロジェクトにミスチル桜井起用のワケ

タッキーにとって“90年代”は特別だった

 それから4年後の2003年、満を持してようやく「タッキー&翼」でメジャーデビューを果たした滝沢だったが、オリコンの週間チャートは3位止まり。50万枚以上を売り上げ、オリコン1位を飾った嵐のデビュー曲に比べると、随分と寂しい結果だった。そう、90年代のJr.黄金期を駆け抜けた滝沢のピークは、すでに過ぎていたのである。

「深読みをするならば、タッキー自身が取り残されてしまった“90年代のメジャーシーン”に対する憧憬みたいなものがあったとしても、なんら不思議はありません。そして、今タッキーが取り組んでいるジャニーズJr.のプロデュースも、『Jr.黄金期』の再来を目指してのことでしょう。うがった見方をすれば、一番輝いていた時代=90年代を取り戻す、もしくは再生産しようとしているようにも見えます。少なくともタッキーにとって“90年代”が特別な時代であったことは間違いありません」(ライターC氏)

 X JAPANやミスチルの起用は、滝沢の“90年代コンプレックス”の発露だったのか。それとも、あえて狙った“90年代リバイバル”なのだろうか。どちらにせよ、生前のジャニー喜多川が独特のクリエイティブを発揮していたように、滝沢にもプロデュースの「クセ」もしくは「美学」のようなものが見え始めてきたのかもしれない。そんなタッキーが采配を振る「トニトニ」は、果たしてどのような仕上がりになるのだろうか。その出来映えに期待したい。

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

にっかんさいぞー

最終更新:2020/05/14 10:00
12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【4月開始の春ドラマ】放送日、視聴率・裏事情・忖度なしレビュー!

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『24時間テレビ』強行放送の日テレに反省の色ナシ

「愛は地球を救う」のキャッチフレーズで197...…
写真
イチオシ記事

バナナマン・設楽が語った「売れ方」の話

 ウエストランド・井口浩之ととろサーモン・久保田かずのぶというお笑い界きっての毒舌芸人2人によるトーク番組『耳の穴かっぽじって聞け!』(テレビ朝日...…
写真