日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > タッキーのジャニーズ浄化計画

滝沢秀明、手越スキャンダルに徹底制裁! “ジャニーズ事務所クリーン化計画”で生まれ変わる?

文=日刊サイゾー

滝沢秀明

 今月15日、NEWS・手越祐也の週刊誌報道を受け、ジャニーズ事務所の期間限定ユニット「Twenty★Twenty」(以下、「トニトニ」)によるチャリティソング「smile」への参加見合わせが決定された。

「文春オンライン」が報じた手越の「自粛期間中の自宅合コン」について、事務所は「掲載内容の相違はあれど、女性を伴う外出の事実を認めた」と発表、手越の行いが「トニトニ」の活動方針にそぐわないということから今回の決断にいたったそうだ。

「トニトニ」は嵐やKinKi Kids、山下智久、King & Princeなど、ジャニーズのオールスターが勢ぞろいするだけではなく、楽曲提供にMr.Childrenの櫻井和寿を招集するなど、事務所肝入りのプロジェクトであることがうかがい知れるが、このプロデュースを担うのが滝沢秀明副社長だ。手越の文春報道は、どうやら“プロデューサー滝沢秀明”の逆鱗に触れてしまったようだ。レコード会社関係者の証言。

「これが例えば、NEWSのシングルリリースだったらお咎めもなく、予定通り進めていたと思います。しかし今回は滝沢が着手しているプロジェクトだったから、文春砲で一発レッドカード退場と相成ったわけです。滝沢がスキャンダルに厳しいことは、すでに知られていること。これまでのように『手越だから仕方ない』といった甘い対応にはならない。滝沢が現場を仕切る限りは、手越も相当やりづらくなるはずです」(レコード会社関係者)

 手越はこれまでもAKB48・柏木由紀やきゃりーぱみゅぱみゅなど、有名女性芸能人と浮き名を流し、しまいには安倍晋三首相の妻・昭恵氏との交流も露見。また、金塊強盗の容疑者と一緒に写った写真の流出や、未成年女性との飲酒疑惑など、話題に事欠かなかった。本人もゴシップに対してどこか開き直った態度で、むしろチャラいキャラクターを売りにしており、事務所もそれを黙認してきたふしがある。

 しかし、ジャニー喜多川の死去以降、人事異動によって滝沢が副社長に就任すると風向きが変わってきたようだ。大手芸能事務所のデスクはこう語る。

「18年に芸能活動を引退し裏方に回ったタッキーですが、当初から社内改革に取り組むんだろうともっぱらでした。SMAP解散騒動時の、事務所上層部の強硬な態度に疑問をもったタレントも少なくなかったそうです。あれ以降、ジャニーズ内のバランスが崩れトラブルが相次いだ。そこで一念発起して、事務所を救おうと立ち上がったのがタッキーです。今までのやり方ではダメだと、それまで手つかずだったITの分野を積極的に開拓し、ジャニーズJr.に対しても今まで以上に熱心な指導を行なっているそうですよ」

 思い起こせば、元TOKIO・山口達也の未成年淫行など、取り返しのつかないトラブルもあった。それまでのジャニーズであれば、テレビ・新聞など大手マスコミにかんこう令を敷くことで事なきを得てきたが、ネット全盛の時代となり、そうしたマスコミ統制も利かなくなりつつある。そんな中で必要なのは「スキャンダルを潰すこと」ではなく、「スキャンダル自体をなくす」という抜本的な改革であることを、滝沢は痛感しているのかもしれない。

12

滝沢秀明、手越スキャンダルに徹底制裁! “ジャニーズ事務所クリーン化計画”で生まれ変わる?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

サイゾーのハイロー特集2022!

大ヒット中の映画『HiGH&LOW THE WORST X』公開に合わせて、その舞台裏に迫るインタビュー公開!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

『鎌倉殿』とは違って史実の時政は切れ者

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

ハイローの未来にかける野心

 大ヒット公開中の映画『HiGH&L...…
写真