日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > ズバッと芸能人  > 「ぺこぱ」の危うい快進撃
ズバッと!芸能人

やっぱり一発屋? 「ぺこぱ」の危うい快進撃

文=都築雄一郎(つづき・ゆういちろう)

事務所のマネージメント力不足

 また気になるのは、彼らの身の丈に合っていない番組も引き受けてしまう、所属事務所のマネージメント能力のなさだ。

 5月5日放送の『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)では、松陰寺が連続ドッキリを仕掛けられてもポジティブなフレーズで返せるのかという検証企画が行われた。だが、あのフレーズは漫才のために練られたもので、アドリブでの対応が難しいことは目に見えている。案の定、バズーカ砲によってパイを大量噴射させられ、体じゅうパイまみれになった際、「模様は悪くないだろう」と言って“不発”していた。

 また、200リットルの熱湯が降りかかった時は「温泉に入りたい僕にはちょうどいい熱さだ」と、これまた平凡な返し。結局、急きょシュウペイのドッキリに切り替わるという異常事態が発生した。

 また、4月18日放送の『モノシリーのとっておき~最強ビックリ映像祭2時間SP~』(フジテレビ系)では、彼らが、海外から届いた面白映像を巻き戻し、その理由を紹介するコーナー「ビックリ映像なんでこうなった!? 時を戻そう」がオンエアされた。

 例えば、数人の警察官が何やら盛り上がっている映像。これを見たシュウペイが「きっと寝起きドッキリが成功したんでしょうねー!」とボケる。すると松陰寺は「いや屈強な男の寝起きドッキリが見てみたいという人(なんているのか)?……そうだろう。兵士たる者。どんな時も気を抜けないんだ。時を戻そう」と、ツッコミを入れた。

 おそらくこの映像に対する会話は彼ら自身が考えたものではなく、放送作家による台本だろう。彼らの「構文」に十分になっていないため、笑いどころが難しく、スタジオで見ていたアンタチッチャブル山崎弘也も「どういうことだよ」と困惑していたほどである。ちなみに正解は、訓練で新人が手りゅう弾を投げて足元で誤爆したことに、ほかの警察官たちが狂喜している様子であった。

 いずれにしても、過剰な露出が彼らの芸人生命を縮めているということだ。それを考えたとき、彼らが所属しているのが、小島よしおやダンディ坂野やスギちゃんなどを擁するサンミュージックプロダクションであることに大いに納得してしまう。事務所のせいだ!……では済まされない問題だ。これからの奮起を祈るばかりである。

都築雄一郎(つづき・ゆういちろう)

都築雄一郎(つづき・ゆういちろう)

放送作家、ライター。

サイト:記事一覧

最終更新:2020/05/20 14:00
12

やっぱり一発屋? 「ぺこぱ」の危うい快進撃のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「M-1 2022」いよいよ

お笑いの祭典「M-1グランプリ」2022の決勝戦がいよいよ放送。決勝までの大会模様や今年の傾向をチェック!
写真
特集

スローテンポ漫才師が多い懸念

「M-1グランプリ2022」の決勝進出者が11月30日に22時からGYAO!生配信で発表されました。今年の準決勝は有料生配信も行われ、アーカイブも...…
写真
人気連載

恋多き女優を変えた松坂桃李

ベテラン芸能リポーターの城下尊之氏が、とかく...…
写真
あぷ噛む

ハッピーニューアイコン新野尾七奈インタビュー

 Z世代の恋愛模様や友情をウォッチする、ABEMAの恋愛リアリティ番組「オオカミ」シリーズの最新作『オオカミちゃんとオオカミくんには騙されない...…
写真