日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル  > 韓国に“第二の手越”が現る

韓国に“第二のNEWS手越”が現る! コロナ自粛中アイドルの夜遊びをスッパ抜く「韓流版文春砲」の正体

文=日刊サイゾー

韓国に第二のNEWS手越が現る! コロナ自粛中アイドルの夜遊びをスッパ抜く「韓流版文春砲」の正体の画像1
自粛期間中に飲み歩き批判を受けるBTSのジョングク(左から三番目)

 日本では、NEWSの手越祐也が緊急事態宣言下の4月下旬に開催した「自宅合コン」の実態を文春砲に撃たれ、批判にさらされているが、お隣韓国でも似たような騒動が勃発している。

 韓国政府が「ソーシャルディスタンス」を奨励していた4月25日夜、韓国の有名アイドルたちがソウルにある繁華街・梨泰院(イテウォン)で遊んでいたことが発覚。炎上を鎮火するために所属事務所が謝罪するという“事件”が起きた。

 5月18日、芸能スクープ専門メディア「ディスパッチ」が、BTSのジョングク、ASTROのチャ・ウヌ、NCTのジェヒョン、SEVENTEENのミンギュら男性人気アイドルたち(通称「97年会」)の飲み会をスクープ。「4月25日から26日の早朝にかけて梨泰院にいた」と報じた。

 4月25日は、韓国・疾病管理本部がソーシャルディスタンスの重要性を強調した日だった。その後のゴールデンウイークには、梨泰院のクラブから大量のクラスターが発生し、こちらも大問題になっている最中。同じ梨泰院で夜遊びに耽っていたアイドルたちは、感染の可能性や時期を考えれば、「5月10日頃までは活動を自重すべきだったのではないか」「しかしこのアイドルたちは歌番組に参加していた」というのが、ディスパッチがスクープとともに放った批判だった。

 該当のアイドルたちは感染検査を受け陰性判定となったが、初報に追随する韓国各メディアは批判の手を緩めない様子。所属事務所は早急に事実を認め「ソーシャルディスタンスに対して真摯に向き合えなかったことを深く反省する」と公式に謝罪を表明することになった。

 ところで、今回のスクープを報じたディスパッチは、日本のK-POP・韓流ファンの間では知る人ぞ知るメディアで、“韓国の週刊文春”と表現されることもある。韓国人記者C氏はこう証言する。

「ディスパッチは、2010年頃に韓国のスポーツ紙で芸能記者を務めていた代表と、やり手の写真記者らが立ち上げた独立系芸能メディアです。ディスパッチ以前、韓国には芸能ネタを専門に扱うパパラッチメディアは存在しなかった。業界ではパイオニア的な存在ですよ」

12

韓国に“第二のNEWS手越”が現る! コロナ自粛中アイドルの夜遊びをスッパ抜く「韓流版文春砲」の正体のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

ビートたけし、裏の素顔

 レギュラーを務めるTBS系情報番組『新・情...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(4)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...
写真