日刊サイゾー トップ > 社会  > 韓国で12歳の少年が性犯罪を犯す

韓国で12歳の少年が性犯罪の加害者に! 前科がつかない”少年法”の甘さに国民の怒り高まる

韓国で12歳の少年が性犯罪の加害者に! 前科がつかない少年法の甘さに国民の怒り高まるの画像1
写真はイメージ(Getty Imagesより)

 韓国では今、機密性の高いメッセンジャーアプリ「テレグラム」などの秘密チャットルームを使って、未成年者や児童を含む女性たちを脅迫し撮影した性的動画を流布・販売したインターネット性犯罪事件「n番部屋事件」が社会問題化し、世の中を震撼させている(既報)。ここにきてn番部屋事件の主犯グループや有料会員の検挙が続いているが、4月に入ってまたしても驚くべきニュースが報じられた。

 4月7日、韓国・京畿北部警察庁は、ゲーマー向けチャット「Discord」を使って児童ポルノを流布・販売した容疑で、運営者3名および会員7名を検挙した。同事件は「第2のn番部屋事件」として韓国で非常に高い関心を集めている。

 捕まった運営者3名のうち、1名は大学生で、残りの2名は未成年者(満19歳未満)だったということもさることながら、さらにある事実に国民の怒りの声が殺到している。というのも、運営グループのうちのひとりが12歳であり、国内法上は「触法少年」(14歳未満で刑罰法令に触れる行為をした者を指す)に該当。刑事責任能力を問われず保護処分となることが濃厚だからだ。

 つまり、社会を震撼させた事件の“共犯者”であるのにもかかわらず、刑事罰を免れる立場にあるため「たとえ未成年とはいえ許してはならないのでは」といった世論が過熱し始めているのだ。なお、韓国で触法少年が受ける処罰は監護委託(日本の保護観察処分に相当)や社会奉仕命令など。最も重いケースでも、2年以内の少年院送致だ。これも刑事処罰ではないため前科歴がつくこともない。

 一方、現在韓国では未成年者たちが起こしたもうひとつの事件が、社会的イシューとして浮上している。

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

ビートたけしと文春とのビミョーな関係

「ダウンタウン」松本人志が、飲み会で一般女性...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真