日刊サイゾー トップ > 社会 > 海外  > 韓国で12歳の少年が性犯罪を犯す

韓国で12歳の少年が性犯罪の加害者に! 前科がつかない”少年法”の甘さに国民の怒り高まる

文=日刊サイゾー

韓国で12歳の少年が性犯罪の加害者に! 前科がつかない少年法の甘さに国民の怒り高まるの画像1
写真はイメージ(Getty Imagesより)

 韓国では今、機密性の高いメッセンジャーアプリ「テレグラム」などの秘密チャットルームを使って、未成年者や児童を含む女性たちを脅迫し撮影した性的動画を流布・販売したインターネット性犯罪事件「n番部屋事件」が社会問題化し、世の中を震撼させている(既報)。ここにきてn番部屋事件の主犯グループや有料会員の検挙が続いているが、4月に入ってまたしても驚くべきニュースが報じられた。

 4月7日、韓国・京畿北部警察庁は、ゲーマー向けチャット「Discord」を使って児童ポルノを流布・販売した容疑で、運営者3名および会員7名を検挙した。同事件は「第2のn番部屋事件」として韓国で非常に高い関心を集めている。

 捕まった運営者3名のうち、1名は大学生で、残りの2名は未成年者(満19歳未満)だったということもさることながら、さらにある事実に国民の怒りの声が殺到している。というのも、運営グループのうちのひとりが12歳であり、国内法上は「触法少年」(14歳未満で刑罰法令に触れる行為をした者を指す)に該当。刑事責任能力を問われず保護処分となることが濃厚だからだ。

 つまり、社会を震撼させた事件の“共犯者”であるのにもかかわらず、刑事罰を免れる立場にあるため「たとえ未成年とはいえ許してはならないのでは」といった世論が過熱し始めているのだ。なお、韓国で触法少年が受ける処罰は監護委託(日本の保護観察処分に相当)や社会奉仕命令など。最も重いケースでも、2年以内の少年院送致だ。これも刑事処罰ではないため前科歴がつくこともない。

 一方、現在韓国では未成年者たちが起こしたもうひとつの事件が、社会的イシューとして浮上している。

12

韓国で12歳の少年が性犯罪の加害者に! 前科がつかない”少年法”の甘さに国民の怒り高まるのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

土方歳三の謎に包まれた死

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

インパルス板倉、特別インタビュー

「足掻き続けろ、絶望から這い上がるまで──」  そんなキャッチフレーズがつけられた、...
写真