日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > ざわちん、画像加工指摘に反論

ざわちん、画像加工指摘に反論でネットから猛ツッコミ「次元が違いすぎる!」

文=日刊サイゾー

Twitter:ざわちん(@kaori_0816)より

 ものまねタレントのざわちんが、自身の加工疑惑について反論した。

 これまでに数々の芸能人のものまねメイクを披露し、反響を集めてきたざわちんだが、一部ネット上からはそのメイクについてたびたび画像加工疑惑が噴出。ネット上では、ざわちんのものまねメイクが画像加工やトリミングによるものと指摘する声も多く上がっており、炎上を繰り返している。

 そんな中、ざわちんは18日に自身のツイッターを更新し、「ゴリゴリに加工してる自撮り写真に対して#加工 #詐欺写 #別人 と本人自身がタグ付けしてつぶやいているのに対して、『誰?』『加工しすぎ』『顔違いすぎ』とコメントしてくる人」と写真加工への誹謗中傷に言及し、「カメラアプリ使ったことない?」と反論。「カメラだけでいくらでも整形できるんだよ。なりたい顔になれるんだよ。楽しいじゃないか」とアプリでの加工に否定的な風潮に対し異を唱えた。

 その後、ざわちんはツイートを削除したがファンからは「素材いいからざわちんは何やっても可愛い」「ホントその通りだよね!加工の何が悪いんだろう…?」というエールが集まった一方、ネットからは「でもあなたは顔変えすぎじゃない?加工の次元が違いすぎる」「なりたい自分を、あたかも本当の自分として発信するのが問題だよね」「そもそも、ものまねメイクっていう触れ込みで出てきたよね?加工とか整形一切なしの、メイクだけでここまでできるのがすごい!ってことだったじゃん」といった猛ツッコミが集まっていた。

 これまでの加工疑惑で好感度を大きく落としているざわちん。どんな反論しても集まるのは苦言ばかりになってしまったのかもしれない。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/05/21 00:10

ざわちん、画像加工指摘に反論でネットから猛ツッコミ「次元が違いすぎる!」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

嵐・大野「口止め誓約書」で思い出される悲劇

 活動休止まで残り2カ月となった国民的アイド...…
写真
インタビュー

藤井隆が語る角川映画の真髄

 70年代~80年代。日本のエンターテイメントを牽引し続けた角川映画。その中心にいた...
写真