日刊サイゾー トップ > 芸能  > 箕輪厚介はスケープゴート

”じゃないほう”NEWS増田貴久の快進撃、箕輪厚介はスケープゴート?……週末芸能ニュース雑話

文=日刊サイゾー

テゴマス

NEWS手越退社のウワサで“じゃないほう”増田の快進撃

記者I 外出自粛ムードが徐々に解けつつある中、芸能界的にはNEWS・手越祐也のジャニーズ事務所退所のウワサが駆け巡った1週間でしたね。

デスクH 3月には安倍晋三首相夫人・昭恵氏らとのお花見、先週にもお気に入りの女の子たちを呼んで自宅パーティー報道……ジャニーズが事務所を挙げて「STAY HOME」を呼びかけていた時期に人気メンバーがこれじゃ、説得力に欠けるもんね。

記者 NEWS担当者の人事異動が行われているのも、その布石ではないかといわれています(参照記事)。でも、事務所からの解雇というより、本人が退社の意向を周囲に漏らし始めているともっぱらですね。

デスク スキャンダルに厳しい滝沢秀明副社長が本格的に事務所を仕切り始めて、息苦しさを感じてるのかな……。

記者 期間限定ユニット「Twenty★Twenty」への参加見合わせも、滝沢副社長肝いりのプロジェクトだったから、なんていわれてます(参照記事)。

デスク 手越といえば、AKB48・柏木由紀やきゃりーぱみゅぱみゅ、当時SKE48メンバーだった鬼頭桃菜(現・三上悠亜)らと浮名を流したり、金塊強奪容疑者と一緒に写った写真が出回ったり、未成年女性との飲酒疑惑が報道されたり……とにかくスキャンダルに事欠かないよね。

記者 “チャラいけどアイドル仕事もしっかりやる”ところが、彼のキャラクターでもありましたが、ここ数カ月は度が過ぎているのかもしれません。そもそも、NEWS自体にスキャンダルが多い印象がありますし。

デスク デビュー当初は現ONE OK ROCKのTakaらを含む9人組だったのに、スキャンダルやトラブルが相次いで、いまや4人。現メンバーも、2018年には小山慶一郎と加藤シゲアキに未成年女性への飲酒強要報道があり、小山は活動自粛を余儀なくされた。

記者 そんな中、デビューから約17年、唯一ほぼノースキャンダルを貫いてるメンバーが増田貴久ですよ!

デスク 長年「『テゴマス』の手越じゃないほう」みたいな呼ばれ方をされてきた「まっすー」だけど、ここにきてあまりの堅実な仕事ぶりに注目が集まっている。

記者 ほかのメンバーがスキャンダルで仕事を失う中、気づけば増田は『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)内の人気コーナー「ゴチになります!」など、常にレギュラー番組数本を安定してキープ。歌はうまいししゃべりもそつがないと、業界内では着実に評価が高まっています(参照記事)。

デスク 手越とは、まさに対照的。「テゴマス」が“ウサギとカメ”みたいにならないといいね……。

123

”じゃないほう”NEWS増田貴久の快進撃、箕輪厚介はスケープゴート?……週末芸能ニュース雑話のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

ランボーシリーズ最終作日本公開

 シルベスター・スタローンの出世作『ロッ...…
写真
インタビュー

次世代コント「ゾフィー」の野望

「ネタの状況設定が本当に面白い。宝物みたいな設定」。コントのトップランナー・東京03...
写真