日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 木村花さん死去は徳井なら防げた

『テラスハウス』木村花さんの死去は、チュート徳井がいたら防げた可能性が

文=日刊サイゾー

テラスハウス TOKYO 2019-2020公式サイトより

  恋愛リアリティショー『テラスハウス』(Netflix)に出演中の女子プロレスラー・木村花さん(享年22)が5月23日に亡くなったことがわかった。

 番組を製作するフジテレビは、ホームページにて「木村花さんの訃報に接し、言葉を失っております。ご親族の皆様へ謹んでお悔やみ申し上げるとともに、心よりお祈り申し上げます」とのコメントを掲載した。5月24日に配信されたスポニチの記事では、死因は不明としながらも自殺とみられると報じている。

「詳細は不明ですが、木村さんのSNSには番組視聴者からの多数の誹謗中傷コメントが寄せられていました。仮にこうした番組の演出が関係しているとすればフジテレビは相当罪深い。人ごとのような軽いコメントを出すだけでなく、番組との関わりがあったのか、調査結果を報告すべきでしょう」(テレビ関係者)

 ネット上では、誹謗中傷をしていたユーザーへの批判も強まっているが、一部では毒舌で出演者をいじる番組の演出について「アンチを助長した責任はあると思いますよ」「色々反省するべき」との声も上がっている。

 そんななか、多く聞かれるのが、脱税問題で消えたチュートリアル・徳井義実の不在を嘆く声だと言う。

「『テラハ』では見守り役の山里亮太とYOUが、出演者たちにツッコミを入れて番組を盛り上げている。山里が毒を吐き、徳井が擁護するというのが番組内での役割でした。徳井がいなくなってから、山里はたびたびSOSを発信していましたからね」(テレビ誌ライター)

 番組は直近の放送禁止を決めたが、ネット上では「もうこんな番組はやめるべきでは」「打ち切りは当然」という意見が相次いでいる。ネット上の行きすぎた誹謗中傷も問題だが、炎上狙いの演出があったとすれば猛省すべきだろう。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/05/25 09:15

『テラスハウス』木村花さんの死去は、チュート徳井がいたら防げた可能性がのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

【ネットフリックス】アメリカの人種差別

「時代を代弁する”俺たちの”コメディアンの登...…
写真
インタビュー

人間の本性としての暴力と協力

――人間はどこから来たのか 人間は何者か 人間はどこに行くのか――。最先端の知見を有...
写真