日刊サイゾー トップ > インタビュー  > 村西とおるが緊急エール!

「希望がパックリお口を開けて待っています」コロナショック広がる日本社会に、AV監督・村西とおるが緊急エール!

文=日刊サイゾー

人生、死んでしまいたいときには下を見ろ、俺がいる。―村西とおる魂の言葉』(祥伝社新書)

 4月7日に発令された緊急事態宣言も、すべての都道府県で解除され、数カ月に及ぶパンデミックとの闘いにも、ようやく出口が見え始めた今日この頃。人々の生活も日常へと戻りつつある一方で、白日の下にさらされつつあるのがウイルス禍による心の傷や経済的困窮など、感染以外のダメージだ。

 24時間、無料で悩み相談を受け付ける「いのちの電話」が全国に設置する各センターには、新型コロナウイルスの感染拡大以降、収入減やDV被害などに関する相談が数多く寄せられているという。ちまたでは、「コロナうつ」なる言葉も浸透し始めている。

 そんな閉塞感漂う時代にひとり、エールを送る男がいる。Netflix『全裸監督』のヒットで、その生きざまが世代を超えて再び注目されている、AV監督の村西とおる氏だ。

  これまでのジェットコースターのような波乱の人生で、「死のうと思ったことは1,000回くらいある」という村西氏だが、よわい70を過ぎて今かみしめるのは「絶望からは何も生まれない」ということだ。

「人間には、もうダメだと絶望する最後のときでも、ひょっとしたら助かるかもしれないと想像する能力が与えられているといいます。ウイルス禍が人々に影を落としている今こそ胸に刻みたい言葉であります」(村西氏)

 そして村西氏は、コロナショックによる不安や悩みを抱える人々に、こう呼びかける。

「絶望したときは、私を思い出してください。あなたさまは、ご自分の奥さまとの目合(まぐわい)を世間さまに見られたことがございますか? 私は妻とイタしているところを数百万人の皆さまにお見せしております。あなたさまに前科はございますか? 私はおぞましくも前科7犯でございます。一時は借金が50億円あっても、今こうして生き恥をさらしております。どうでしょう。あなたさまは私などよりマシなはずです。人生行き詰まったときは上ばかり見ないで、自分よりもっととんでもない奴がいることを知ってください。どんなに絶望しても、その先には希望がパックリお口を開けて待っているのでございます」

 どんなに苦境にあっても生きてさえいれば人生、ナイスなのである。

 

●むらにし・とおる
AV監督 1948年、福島県生まれ。高校卒業後に上京して英会話教材・百科事典の営業マンとなり、トップセールスの記録を打ち立てる。1980年ビニール本・裏本の制作販売を始め、北大神田書店グループ会長に就任。84年、猥褻図画販売目的所持で逮捕され、全財産を失う。その後、AV業界に進出し、88年にダイヤモンド映像を設立。最盛期の年商は100億円に達した。ところが92年、成人向け衛星放送事業に失敗。負債総額50億円で倒産を経験する。その後、そば店経営、アダルトグッズ販売などを経て借金を完済。2019年に自身がモデルとなったNetflixの『全裸監督』が世界的大ヒット。同作シーズン2が21年に配信予定。新著に『人生、死んでしまいたいときには下を見ろ、俺がいる。―村西とおる魂の言葉』(祥伝社新書)

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/05/29 20:00

「希望がパックリお口を開けて待っています」コロナショック広がる日本社会に、AV監督・村西とおるが緊急エール!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

「バッハのため」の五輪の”開催意義”

今週の注目記事・第1位「森昌子引退の裏に...…
写真
インタビュー

瞑想ブームに見る仏教と科学の関係史

 「マインドフルネスをビジネスに活かす」「瞑想で健康になる」といった言葉が当然に...
写真