日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > テゴマス「好感度の永久機関」と化す

NEWS 手越騒動を謝罪した増田貴久の株が爆アガり! テゴマス「好感度の永久機関」と化す

文=日刊サイゾー

テゴマス

 コロナ禍で緊急事態宣言が発令されていた最中に夜遊びを繰り返し、ジャニーズ事務所から芸能活動休止を言い渡されたNEWSの手越祐也。26日の夜に放送された、レギュラーラジオ番組『テゴマスのらじお』(MBSラジオ)では、欠席の手越に代わり、増田貴久と共にメンバーの小山慶一郎と加藤シゲアキが出演、3人は揃って今回の騒動について謝罪した。

 そんな中で、特にファンからの反響があったのが増田の言葉だった。「このたび手越祐也の件でお騒がせしてしまい、ご心配をおかけしてしまったこと、本当にごめんなさい」と謝罪したあと、手越への思いを語りながら「いろいろあって、NEWSが4人になるときも2人で話してきた。いろんなことを一緒に乗り越えてきました。なので、本当に今は悔しい気持ちでいっぱいです」「僕はNEWSに何ができるのか、ファンの方や世間の皆さまに何を伝えていけるのか必死に考えていきたい」と、熱い思いを明かした。

 この言葉には、ファンも感動したようだが、一方で「またまっすーが謝るはめになるのか」「さすがに不憫になってきた」という同情の声が多数あがった。それもそのはず。増田はこれまでも、他のメンバーにスキャンダルが起こるたびに、矢面に立ち謝罪してきた経緯があるからだ。さらには、ジャニーズファン以外からも、「なんかわかんないけど、まっすーには頑張ってほしい」というエールが寄せられる事態に。芸能記者はこう語る。

「周りが勝手にスキャンダルでつまづくから、相対的に何もしてない増田のイメージが勝手に上がるという、ちょっとおかしなことがここ数年で起こっているようです(笑)。特に手越と増田は『テゴマス』として活動することも多いので、手越がスキャンダルを起こすたびに、増田に迷惑がかかることも多くて、自ずとファンの同情も増田に集まった。増田は増田で、まったくスキャンダルがないので、余計に手越との差が目立つんですよね。手越がいるから、増田のクリーンさが際立つというか……そう考えると、面白いコンビですよね」

 手越のスキャンダルによって、なぜか好感度を上げてきた増田。そして、そんな増田のフォローを受けてきた手越。まるで凸と凹がぴったりと合致したような、絶妙なコンビネーションともいえるのかもしれない。手越の進退についてはまだどうなるか分からないが、テゴマスとしての活動が再び見れる日が来れば、ファンたちの思いも報われるのではないだろうか。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/05/29 13:00

NEWS 手越騒動を謝罪した増田貴久の株が爆アガり! テゴマス「好感度の永久機関」と化すのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

女優・宮下かな子が送るサブスクエッセイ

宮下かな子さんがサブスクで観た作品を元に、俳優の日常を綴るエッセイ連載
写真
特集

夏枯れ? 豊作? 夏ドラマをチェック!

『石子と羽男』『競争の番人』『オールドルーキー』etc…夏ドラマをチェック
写真
人気連載

『鎌倉殿』とは大きく違う史実の全成

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

あらびき団に出ているだけでは売れない……

『HITOSHI MATSUMOTO Pre...…
写真