日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 楽しんご、YouTubeが大惨事

下ネタじゃないとダメ!? 楽しんご、YouTubeチャンネル開設も再生回数が大惨事

文=日刊サイゾー

楽しんご

 お笑い芸人で整体師としても活動する楽しんごが、新しく公式YouTubeブチャンネルを開設していたようだ。

 楽しんごはバーで知り合ったという渋谷りゅうきと2018年にお笑いコンビ『おいなりさん』を結成。公式YouTubeチャンネルでは、YouTubeから“チャンネルが性的である”との通知が来て、広告を外されたことを暴露していたが、果たして新しいチャンネルはどのような仕上がりになっているのだろうか。

「相方・渋谷との『おいなりチャンネル』では、睾丸や乳首のマッサージなど、真面目な施術ではあるものの、多少の下ネタを交えた興味深い内容となっており、人気動画の再生回数は100万回を超えていました。しかし、新チャンネルのほうでは『マックの新製品を食べてみた』など、他のYouTuberからもやり尽くされた商品紹介など、以前の動画と比べるとインパクトはなく、面白みに欠けています。

 この動画の中で、相方とのキスシーンを披露するも、再生回数は100回ほど。コメント欄には、『やっぱり睾丸マッサージが見たい』と、前のチャンネルで投稿していたマッサージ動画を待ちわびる声も上がっていました」(芸能ライター)

 以前、コロナ禍でも変わらず稼いでいることを豪語し、炎上した経験のある楽しんご。それだけの稼ぎがあるのならば、たとえ広告収入がつかなくとも、今後もファンのためにマッサージ動画を投稿してもいいのかもしれない。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/05/31 00:00

下ネタじゃないとダメ!? 楽しんご、YouTubeチャンネル開設も再生回数が大惨事のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

動機なき連続殺人鬼の記録映画

 一部のマニアのみに知られていた「封印映画」...…
写真
インタビュー

9太郎が提唱! アイドル炎上回避ガイド

 新型コロナウイルス感染拡大に伴い、「自粛」の名の下にエンタメ界ではコンサートやイベ...
写真