日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 楽しんご、YouTubeが大惨事

下ネタじゃないとダメ!? 楽しんご、YouTubeチャンネル開設も再生回数が大惨事

文=日刊サイゾー

楽しんご

 お笑い芸人で整体師としても活動する楽しんごが、新しく公式YouTubeブチャンネルを開設していたようだ。

 楽しんごはバーで知り合ったという渋谷りゅうきと2018年にお笑いコンビ『おいなりさん』を結成。公式YouTubeチャンネルでは、YouTubeから“チャンネルが性的である”との通知が来て、広告を外されたことを暴露していたが、果たして新しいチャンネルはどのような仕上がりになっているのだろうか。

「相方・渋谷との『おいなりチャンネル』では、睾丸や乳首のマッサージなど、真面目な施術ではあるものの、多少の下ネタを交えた興味深い内容となっており、人気動画の再生回数は100万回を超えていました。しかし、新チャンネルのほうでは『マックの新製品を食べてみた』など、他のYouTuberからもやり尽くされた商品紹介など、以前の動画と比べるとインパクトはなく、面白みに欠けています。

 この動画の中で、相方とのキスシーンを披露するも、再生回数は100回ほど。コメント欄には、『やっぱり睾丸マッサージが見たい』と、前のチャンネルで投稿していたマッサージ動画を待ちわびる声も上がっていました」(芸能ライター)

 以前、コロナ禍でも変わらず稼いでいることを豪語し、炎上した経験のある楽しんご。それだけの稼ぎがあるのならば、たとえ広告収入がつかなくとも、今後もファンのためにマッサージ動画を投稿してもいいのかもしれない。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/05/31 00:00

下ネタじゃないとダメ!? 楽しんご、YouTubeチャンネル開設も再生回数が大惨事のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

女優・宮下かな子が送るサブスクエッセイ

宮下かな子さんがサブスクで観た作品を元に、俳優の日常を綴るエッセイ連載
写真
特集

夏枯れ? 豊作? 夏ドラマをチェック!

『石子と羽男』『競争の番人』『オールドルーキー』etc…夏ドラマをチェック
写真
人気連載

『鎌倉殿』とは大きく違う史実の全成

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

あらびき団に出ているだけでは売れない……

『HITOSHI MATSUMOTO Pre...…
写真