日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > コロナ時代はクイズ番組が主役?

“Withコロナ”時代はクイズ番組が主流に? 重宝されそうなのはあのアイドル!

文=日刊サイゾー

Snow Man

 新型コロナウイルスの感染拡大により、テレビ番組はタレントがリモート出演して、なんとか体裁を保っている状況だ。

 そんな中、コロナ時代のバラエティ番組の中心となっていきそうなのが「クイズ番組」だという。テレビ関係者が明かす。

「出演者が別の部屋からリモートで出演できるクイズ番組は、コロナ禍でもそれほど大きな変更を必要とせず、低予算で済みますから、局としてもありがたい。リニューアルした『東大王』(TBS系)は、ツイッターのトレンドランキングで1位を記録。人気がさらに上昇しています」

 芸能界では、これまでもさまざまなタレントが「クイズ枠」を虎視眈々と狙っていた。

「クイズ番組御用達タレントのメイプル超合金・カズレーザーは、『クイズ研究会』を立ち上げています。所属するサンミュージックの会議室でクイズを出し合い、競い合うという活動内容。メンバーは事務所の垣根を越えて、ゴールデンボンバー・歌広場淳、えなりかずき、元女流棋士の竹俣紅ら、10人ほどが集っているとか」(芸能ライター)

 そして、制作サイドが熱視線を送っているのが、高偏差値アイドルだという。

「やはりビジュアルのいいアイドルは、リモート映えしますから、番組としてはありがたい。男性であれば、最近クイズ番組の出演機会が増えている上智大学出身のSnow Man・阿部亮平や、現役慶応大学生の美 少年・那須雄登は、今後もますます出演機会が増えるでしょう。女性であれば、偏差値78を誇る日向坂46・影山優佳も注目を浴びそう。受験は不首尾に終わったようですが、インテリキャラはファンの知るところですから、グループ復帰を機に、クイズ番組からオファーが殺到するのでは」(テレビ関係者)

 “Withコロナ”時代を制するのは誰か?

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/06/04 18:00

“Withコロナ”時代はクイズ番組が主流に? 重宝されそうなのはあのアイドル!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

フジHD、株主総会で怒号の嵐

 毎年「荒れる」といわれているフジ・メディア...…
写真
インタビュー

YENTOWNの軌跡(後編)

 YENTOWNが2020年で結成5年目を迎えた。東京を拠点に結成されたこのヒップホ...
写真