日刊サイゾー トップ > スポーツ > 野球  > プロ野球“超異例”変則日程発表

プロ野球が超異例な変則日程を発表! 阪神15戦連続ビジターで “死のロード”開幕

文=日刊サイゾー

イメージ画像/出典:mecha

 コロナ騒動により開幕が遅れていたプロ野球の日程がようやく決定。巨人の坂本勇人がPCR検査で“微陽性”だったことが3日に判明するなど、まだまだ予断を許さない状況だが、遅すぎる球春がいよいよ近づいている。

 東京五輪開催に伴い、例年よりも早い3月20日の開幕が予定されていた2020年のプロ野球。その後、開幕スケジュールは文字通り二転三転した。当初は4月10日への繰り下げが有力視されたものの、いったんは4月24日で決定。しかし、早々にそれも不可能なことが判明し、5月25日にようやく開幕日が6月19日に決定した。

 6月1日には日程も発表されたが、異常事態の中での開幕ということもあり、スケジュールは異例尽くしだ。週刊誌のスポーツ担当記者がいう。

「開幕日は同日に設定されましたが、スケジュールはセ・リーグとパ・リーグで大きく異なっています。セ・リーグは首都圏にチームが固まっているため、まず首都圏で集中的に試合を行い、その後、西日本へと移動するスケジュール。一方のパ・リーグは、同一カードで6連戦を行うことで、少しでも移動を減らすプランです」

 開幕日変更にともない、試合数は143試合から120試合に減り、交流戦やオールスターゲームも中止。CS(クライマックスシリーズ)についても、開催するかどうかは決まっておらず、今後の発表待ちとなっている。ひとまず開幕のめどは立ったが、超異例スケジュールは勝敗にどう影響するのか? 専門誌へも寄稿するスポーツライターはいう。

「セ・リーグで目につくのは、阪神の不利です。日程を見ると、開幕から15試合連続でビジターゲームが続き、その後、甲子園での試合が15ゲーム続く極端なスケジュール。いくら無観客といえども、本拠地でやるチームの方が有利ですから、スタートで一気にコケる可能性は高いでしょう。シーズンも短くなりますから、スタートでつまずくのは致命的。もともと熱烈な応援をバックに試合を有利に進めてきたチームですから、今年は厳しいでしょう。

 パ・リーグは、同一チームとの対戦が続きますから、たまたま調子の良いチームと悪いチームが当たると、一気に6つ持っていかれる可能性が高い。気持ちの切り替えがしにくいですから、大型連勝、大型連敗をするチームが出やすく、地力があって層も厚いソフトバンクは、例年以上に有利でしょう。

 ただ、特定のチームが得意な投手を優先的にぶつけて勝利数を稼ぐ従来の方程式は通用しません。昨年でいえば、日本ハムから5勝を挙げた千賀滉大(ソフトバンク)や、オリックスから5勝を挙げた金子弌大(日本ハム)のようなケースはなくなるので、相手のエースが投げる日は“捨て試合”にして、体力を温存する作戦もアリでしょう。とにかく日程がキツいですからね」

 超異例なことだらけの今年のプロ野球だが、シーズンが短いからこそ、4割打者や防御率0点台などのスペシャルな記録も期待できる。さらに、無観客で“覚醒”する選手も現れるかもしれず、プロ野球ファンにとっては特別な1年になるのは間違いなさそうだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/06/06 10:30

プロ野球が超異例な変則日程を発表! 阪神15戦連続ビジターで “死のロード”開幕のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『半沢歌舞伎』これにて終幕!

第2シーズンも大ヒットとなったドラマ『半沢直樹』。最終回から“ロス”が止まらない!?
写真
人気連載

人種差別横行のハリウッドに変化

 ロブ・シュナイダーのスタンダップコメディ・...…
写真
インタビュー

瓜田純士『天気の子』をメッタ斬り

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士(39)が森羅万象を批評する不定期連載。今回...
写真