日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > フジのお荷物番組に打ち切り説

バナナマン設楽が局アナにフルボッコ! フジの“お荷物”2番組に打ち切り説が急浮上

文=日刊サイゾー

ホリプロコム オフィシャルウェブサイトより

 昨今の状況を踏まえ、今後はテレビ界において、深刻なスポンサー離れが予想される。

 4月から始まる新年度では、これまで以上に経費削減が必須となるが、そんななかフジテレビの2番組に打ち切り危機が囁かれているという。

「一つは、バナナマン・設楽統がMCを務める情報番組『ノンストップ!』です。2015年には民放同時間帯1位を獲得したものの、翌年からは視聴率が右肩下がりとなり、現在は2%台にまで落ち込んでいる。主婦層ウケのよかった山崎夕貴アナから三上真奈アナに交代、コメンテーターの千原せいじの2回にわたる不倫騒動などがその要因と言われています。裏番組の『バゲット』(日本テレビ系)は、青木源太、尾崎里紗という局アナ2人がMCという超低予算番組ですが、それにも完敗している有り様です」(テレビ誌ライター)

 そして、もう一つが“カトパン”こと加藤綾子がキャスターを務める夕方ニュースの『Live News it!』。こちらも日本テレビ系『news every.』にまったく歯が立たず、やはり視聴率は2%台に低迷。昨年9月に交際発覚したことで、カトパン頼みの男性層も一気に離れてしまっている印象だ。

12

バナナマン設楽が局アナにフルボッコ! フジの“お荷物”2番組に打ち切り説が急浮上のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る
トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

元関係者語るボイメン平野

 今年の5月22日にKing & Prince(以下:キンプリ)脱退、そしてジャニーズ事務所を退社することが決まっている平野紫耀。  2022年1...…
写真
人気連載

『どうする家康』服部半蔵は忍者ではない

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真