日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > 手越祐也が懇意にする後輩は誰?

手越祐也が会見で語った「ボイトレ指導している“後輩”」はキンプリとSixTONESの問題児!? ファンが不安視する悪影響

文=日刊サイゾー

キンプリとSixTONESにとんだとばっちり

 手越祐也の記者会見が各方面で物議を醸している。

 6月19日にジャニーズ事務所を退所したNEWSの元メンバー・手越祐也が、23日に記者会見でその経緯や、今後の豊富について語った。会見の途中からは、SNSに寄せられたファンからの質問に答えるというシーンもあり、そこで読まれたのが「名前を伏せてもいいので、手越くんに憧れていて手越くんの歌を好きな後輩のために、楽曲提供はお願いしたいです」というメッセージだった。

 これに対し手越は、後輩のボイトレ指導なども行っていたことを明かし「可能ならば楽曲提供もしたい」と述べた。歌唱力に絶対的な自信がある手越らしいエピソードだが、手越が直接面倒をみていた後輩とやらは一体誰なのか? 手越は直接名前こそ出さなかったが、ジャニーズに詳しいウェブメディア記者は「King & PrinceとSixTONESのことでしょう」と語る。

「アイドル雑誌のインタビューなどで、手越についてよく話していたのはSixTONESの京本大我や、キンプリの神宮寺勇太などですね。過去にボイトレ指導を受けていることや、楽曲提供の相談をしていることを本人たちが明かしています。この話には喜んでいるファンもいる一方、手越との交遊を不安視する声もあがっている。というのもこの2人、もともと両グループの問題児。京本はデビュー前に、風俗嬢暴行疑惑を週刊誌にすっぱ抜かれています。神宮寺はスキャンダルこそないものの、実は手越同様にチャラいキャラを押している。なので、手越から悪影響を受けないか、ファンはハラハラしているみたいです(苦笑)」

 やはり類は友を呼ぶということだろうか? ところで、ボイトレ指導や楽曲提供を今後も続けたいと話していた手越だが、ジャニーズ退所にあたりそんなことは可能なのだろうか? 芸能記者は「現実的ではない」と苦笑いする。

「会見では円満退社を強調していましたが、実情は円満とは言い切れない様子。NEWSのマネージャーも今回の記者会見には苦い顔をしているそうだし、ジャニーズ上層部も金輪際手越とはかかわりたくないと思っているでしょう。手越がやっていたボイトレ指導だって、会社が用意した場所で行われていたわけですし続けるのは難しい。それに事務所としても、手越に頼まなくてもプロのボイストレーナーを雇えばいいだけですからね。まあ、手越が後輩たちを個人的に呼びつければ事務所も関与できないでしょうが……。なんたって人脈好きの手越ですから、売れっ子のキンプリやSixTONESとの“人脈”も途切れさせたくはないでしょうし(苦笑)」

 後輩の指導もいいが、今後はそのご自慢の歌唱力をフル活用し目標としていた「アメリカ進出」を叶えるために邁進してほしいものだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2021/11/29 20:05

手越祐也が会見で語った「ボイトレ指導している“後輩”」はキンプリとSixTONESの問題児!? ファンが不安視する悪影響のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

テレビ不要時代の「TVerドラマ人気ランキング」

日刊サイゾー独自の「TVerドラマ人気ランキング」で人気ドラマをチェック!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

ローソン先行発売の新「ペヤング」レビュー

 今年はまじめな創作路線を突き進んでいる...…
写真
インタビュー

ハイロー監督に聞くLDHエンタメの真髄

K-POP、2.5次元、タピオカ、韓国ドラマ...…
写真