日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > 『イッテQ』手越の後釜論争に苦言

『イッテQ』手越祐也の後釜論争に「無理やりなジャニーズ起用は誰も得しない」関係者も苦言

文=日刊サイゾー

日本テレビ公式サイトより

 元NEWSの手越祐也がジャニーズ事務所を退社し、レギュラー番組もすべて降板になった。そこで持ち上がっているのが手越が出演していた人気バラエティ『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ)のレギュラー枠を誰が引き継ぐかという問題だ。

 一部報道では、番組サイドはジャニーズにKing & Princeの平野紫耀とSexyZoneの中島健人の出演打診をしたが、断られたといった話が報じられた。やはり日本テレビとしてはジャニーズの力に頼りたい思いがあるのだろうか? 芸能記者の話。

「実はこの報道はちょっとマユツバなんですよねえ。平野&中島は日テレのドラマ『未満警察』に出演中の2人なので、どうも番宣臭がするというか……(笑)。ゲスト出演の打診はあってもおかしくないですけど、レギュラーはない。平野と中島はどう考えても『イッテQ』のカラーに合うキャラクターじゃないし、そんなことは番組制作サイドが一番わかっているはずです。ただ、日テレとしてはジャニーズをキャスティングしておきたい思惑はあるでしょう。Hey!Say!JUMPのメンバーなんかも候補にあがっているみたいですね」

 さらにこの記者は、「『イッテQ』は視聴率もいいし、日曜のゴールデンタイムという点も魅力的でジャニーズサイドも手放しがたいだろう」という。しかし一方で、制作会社関係者は「ジャニーズに固執するような考え方はもうやめたほうがいい」と苦言を呈する。

「キャスティングというのは、何より適材適所を見極めるのが大事。無理やり枠を作って、そこに誰かを当てはめたって上手く回るもんじゃない。『事務所枠』なんて本当は撤廃すべきなんです。手越が『イッテQ』でヒットしたのは、彼の特性が番組にハマったからで、ジャニーズのアイドルなら誰でもできるというわけじゃない。仮にジャニーズの子を後釜に座らせても、相当頑張らないと『手越のほうが面白かった』と言われますよ」

 また、別番組の放送作家は「ジャニーズも、アイドルのプロデュースを担う上でバラエティ番組出演にはもっと慎重になるべきでは?」と述べる。

12

『イッテQ』手越祐也の後釜論争に「無理やりなジャニーズ起用は誰も得しない」関係者も苦言のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

テレビ不要時代の「TVerドラマ人気ランキング」

日刊サイゾー独自の「TVerドラマ人気ランキング」で人気ドラマをチェック!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

矢沢永吉、台風下ライブファン無問題?

ベテラン芸能リポーターの城下尊之氏が、とかく...…
写真
インタビュー

ハイロー監督に聞くLDHエンタメの真髄

K-POP、2.5次元、タピオカ、韓国ドラマ...…
写真