日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > 手越祐也のYouTubeに勝てないジャニーズ

手越祐也、YouTubeが驚異の再生数を連発! 迎え撃つジャニーズはキンプリ&スノストの強化が急務か

文=日刊サイゾー

手越祐也オフィシャルチャンネルより

 6月19日にジャニーズ事務所を退所し、独立した元NEWSの手越祐也。地上波テレビのレギュラーはすべて降板となったが、打って変わってYouTubeチャンネルのほうは非常に好調な滑り出しを見せているようだ。

 動画はまだ3本しか上がっていないものの、その再生数は軒並み200万回超え。多いもので458万回再生を叩き出しているものまである。一足早く公式YouTubeチャンネルを開設し、各グループがさまざまな動画をあげているジャニーズオフィシャルチャンネルでも、400万回再生を超える動画は実はなかなかない。元広告代理店で現在は美容系のYouTuberとして活動しているA氏はこう語る。

「ジャニーズ公式チャンネルはライブ動画がやはり強いですね。でも、企画系の動画がちょっと弱いんですよね。内容が緩いっていうのが一番の原因だとは思いますが(笑)。一方で手越さんは、やっぱり喋りがうまいから、ただ喋るだけの動画で相当数字を稼いでいる。編集や字幕もジャニーズ公式のものより手慣れてる感じがして、そもそもついてるスタッフがYouTubeに強い人なんだろうというのが伝わってきますね。さらに、『ぶっちゃけトーク』というジャニーズにいたらできないワザで勝負しているのもウケている理由でしょう。ジャニーズも、公式チャンネルを開設したからには数字で負けないものを作らないと面目が立たないと思いますけどね」

 いまや視聴率やCDの売り上げだけが“ヒットの指標”ではない。YouTubeの再生回数も、コンテンツの人気を示す大事な要素のひとつだ。それでいうと、手越の独立は今のところ大成功といえるのかもしれない。前出のA氏は、ジャニーズサイドの動画戦略に足りない点を分析する。

「単純に数字だけ追うと、やっぱり今はKing & Prince、SixTONES、Snow Manの3組の動画を重点的に強化していくのがいいんじゃないでしょうか。彼らの企画動画は100万回再生を稼いでいるものが多いので、YouTubeとの相性の良さも感じさせます。また、MVの再生回数もかなりいいですよね。この3組の数字を重視して底上げすると、ジャニーズ公式チャンネル全体にもいい影響を及ぼしそう。手越さんみたいな飛び道具的な企画は無理でしょうけど、ほかにやりようはある。例えば、グループ同士のコラボだと多少内容が緩くても手っ取り早く数字が稼げる。あとは、素直に流行りのものをそのままやるのもいいでしょう。去年はASMR動画が流行ったりしましたが、今年は手越さんもやってたモーニングルーティン動画がきてますよね。まあ、手垢がつきまくった企画ですけど(笑)、ジャニーズの場合もともとの知名度があるから、新しいものを生まなくても流行ってるものをなぞるだけで数字が見込める。そう考えると、まだまだ伸びしろはあると思います」

 円満退社を強調した手越だが、どうやらジャニーズサイドには遺恨が残っているという話もある。今後は好敵手としての存在感が増していくであろう手越を、果たしてジャニーズはどう迎え撃つのだろうか。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2021/12/03 01:31

手越祐也、YouTubeが驚異の再生数を連発! 迎え撃つジャニーズはキンプリ&スノストの強化が急務かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

今年は誰が目玉? 大みそか恒例『紅白歌合戦』特集

今年は有観客開催! 『第72回NHK紅白歌合戦』の目玉は? あの人は出る?
写真
人気連載

NHK紅白の時代遅れ感が露呈?

 ベテラン芸能リポーターの城下尊之氏が、とか...…
写真
インタビュー

女優・小川未祐の“私がキマる瞬間”

 『闇のカーニバル』(1982年)や『ロビンソンの庭』(87年)など、独創的な作品で常...
写真