日刊サイゾー トップ > 芸能  > 広瀬香美が口にしない“元夫の名前”

広瀬香美がバラエティで再ブレーク!? ぶっちゃけトーク解禁も一切出せない“元夫の名前”

文=日刊サイゾー

広瀬香美オフィシャルYouTubeチャンネルより

“冬の女王”の真の姿は、大口を開けて「ガハハ!」と笑う、底抜けに明るい女性だった。

「ロマンスの神様」「ゲレンデがとけるほど恋したい」など、90年代に数々のヒット曲を生んだ広瀬香美。これまで音楽番組で歌を披露することはあっても、バラエティ番組に出る機会はほとんどなかった彼女だが、7月3日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に出演したことで、その理由が判明した。

「番組冒頭、広瀬と顔を合わせたダウンタウンが、『初めまして……ですよね?』とたずねると、ダウンタウンが司会だった『HEY!HEY!HEY!』には出演したことがあるものの、歌を歌っただけで、トークはなかったとのこと。というのも、広瀬の素顔は超ハイテンションで、笑い始めると止まらないような明るいキャラなので、周囲が『曲のイメージと合わない』と判断し、トークはNGだったそうです」(テレビ情報誌ライター)

 当日は約1時間にわたってダウンタウン&坂上忍とトークを繰り広げ、「絶対音感の持ち主で、すべての音が音階で聞こえる」「初恋の相手はバス。理由は“ブレーキの音が好きだから”」など、驚愕のエピソードを次々と披露。さらに話題は恋愛事情にも及んだが、にわかに言葉を濁す場面もあった。

「番組では『男性からのアプローチに、異常に鈍感』という友人の証言や、『ありのままの私を受け入れてくれる人がいい』など、恋愛に関する話題にも触れましたが、視聴者がもっとも興味があったはずの、元夫・大沢たかおの話は一切無し。『苦労かけました』と言うのが精一杯でした。彼女はすでに再婚しているので、別れた夫の話をしないのは当然といえば当然ですが、トークは極めてフランクな雰囲気で進行していたので、そこに踏み込まなかったのは少し残念でしたね」(同上)

 今や知らぬ人も多いだろうが、広瀬は1999年に大沢たかおと結婚。当時イケメン俳優と売れっ子歌手の結婚は話題になったが、その後プライベートについてはまったく報じられぬまま、2006年には離婚している。

「大ヒットしたドラマ『JIN-仁-』を始め、いまだに映画やドラマに引っ張りだこの大沢ですが、キャリアの中で最大の謎が広瀬との結婚です。大沢は当時、結婚会見こそ開きましたが、結婚生活について語ることは一切なく、離婚後も広瀬の話は徹底してNG。完全に“抹殺”状態です。離婚の原因も明かされてはいませんが、大沢のほうに不倫疑惑が囁かれたりすることもあったので、もしかして円満ではなかったのかも。『ダウンタウンなう』でのトークの歯切れの悪さを見ても、元結婚相手の名前を出すのは双方NGのようですね」(女性芸能誌ライター)

 女性人気抜群の大沢も今や52才。彼の前に“ロマンスの神様”が現れる日は来るのだろうか。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/07/07 19:00

広瀬香美がバラエティで再ブレーク!? ぶっちゃけトーク解禁も一切出せない“元夫の名前”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

テレビ不要時代の「TVerドラマ人気ランキング」

日刊サイゾー独自の「TVerドラマ人気ランキング」で人気ドラマをチェック!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

サンド富澤が密かに配る…

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

ハイロー監督に聞くLDHエンタメの真髄

K-POP、2.5次元、タピオカ、韓国ドラマ...…
写真