日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 浜田雅功の知られざる素顔

会う人によって印象が両極端!? ダウンタウン・浜田雅功の知られざる素顔

文=日刊サイゾー

ダウンタウン・浜田雅功

 フリーアナウンサーの豊崎由里絵が5日、関西ローカルのトークバラエティー番組で、かつて共演したお笑いコンビ・ダウンタウンの浜田雅功の“素顔”を語った。

 毎日放送の局アナ時代に『プレバト!』(TBS系)のアシスタントとして浜田と共演していた豊崎は「めちゃくちゃ優しい!(進行も)お前が(ここぞと)思う時に入ったらいい」と手ほどきを受けたことを明かした。これを聞いた130Rのほんこん、東野幸治らは一斉に苦笑い。ほんこんは若手時代のみならず、5年前に浜田と番組共演した際も「いきなりビンタされた!」と“待遇の違い”に憤慨していた。

 バラエティ番組では、厳しいツッコミに頭をはたくイメージが強い浜田。実際はどうなのか。過去に所属タレントが浜田と共演した音楽関係者は「お笑い関係者には厳しく、それ以外には優しいというのが本当の素顔だと思う」と証言する。

「お笑い芸人はいわば直接の後輩ですから、言動ひとつとっても、やっぱり厳しいですよね。反対に、お笑い畑以外の人は、浜田にとっては“お客さん”扱い。本番中は厳しいツッコミやイジりが目立ちましたが、収録を終えるとわざわざ楽屋まで来てくださり『あんな感じですみません、大丈夫でしたかね?』と聞いて回る姿を見て、かなり驚きました」(同)

「うちのタレントはバラエティー番組はなかなか慣れない現場で、自ら出演する意欲はそこまでなかったのですが、それ以来『浜田さんの番組なら是非!』と前向きに考えるようになった」(同)という。

 裏でのフォローをしっかりやってこそ、愛される司会者に成り上がったというわけだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/07/09 06:00

会う人によって印象が両極端!? ダウンタウン・浜田雅功の知られざる素顔のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

NiziU 快進撃の裏にあった鬼教官動画

 メンバー決定から4カ月が経った『Nizi ...…
写真
インタビュー

異色の警察小説大賞の著者に聞く

 新人警官が仮配置された派出所は、警邏(けいら)にも出ない、呼集にも応じない、すべて...
写真